Yanu - サービスロボットの実用トークン

Robolab は、飲食産業に大変革をもたらすサービスロボティクス企業です。 サービス変革の一環として、通常の人間のバーテンダーより著しく速く、有能な自動バーテンダーユニットを設計しました。いくつもの利点があり、このユニットは、通常のバーテンダーの問題を打ち破り、損失を簡単に利益に変えることができます。「Yanu」と呼ばれるこの未来のバーテンダーは、AI を動力源とした独自の特質を持ち、たくさんの飲み物レシピの知識があり、お客様と会話し、一度教え込まれたことは、人間の指示なしで、その任務を果たすことができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
YANU
開始日時
2018-10-10
終了日時
2018-12-12
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
10,000,000 USD
初回価格
1 YANU = 0.1 USD
トークン供給数
100,000
公式サイトへ Owner of Yanu?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, DASH, LTC, USD
供給率25%
KYC不明
参加不可地域USA, Estonia
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Sale - 60%

概要

Robolab のチームは、大学の科学者、一流設計者、娯楽やバー産業の専門家を含み、共同でサービスロロボットの分野において、新しく大胆な解決策を生み出してきました。私たちは、様々な分野のアドバイザーを保有し、現在は、営業人員を増強するなど、常時採用しています。私たちの発明と特許は、他の資産や権利と同様に、会社の所有物です。現在 Yanu は、試験や試作品の生産を行っており、未来は非常に近いと思われます。市場は巨大です! ひっきりなしに飲み物が提供される世界中の場所はどこでも、私たちの土俵になります。Yanu は非常に大きな可能性と幅広い魅力を持っていますが、まず一番近い市場、EU から始めたいと思います。Robolab では、既にヨーロッパ中に何人かの営業マネージャーがおり、柔軟な契約形態と飲料業界における共通問題に対する解決への関心の高まりのおかげで、最初の合意が締結されています。Yanu は、小さいユニットですが、あらゆる環境に適応するすばらしい構造を持ち合わせています。そのため、大規模な交通ハブ、夜の歓楽街、大規模イベントなど、通常飲み物が出されるのを待つ人々の長い列ができるようなどんな場所でも、対応することができます。

Robolab は、大手飲料企業と連携して、この装置をクロスマーケットする計画をしています。これにより、未来のロボットバーテンダーが広く認識され、ノベルティ広告の機会を作ることができます。Yanu 自身が自己アピールします!

Yanu トークンは、生産サイクルを高め、生産規模を拡大し、そしてさらにいろいろな可能性のために作られました!私たちは、お客様がトークンから特典を得ることができるようにいつくかのオプションを用意しています。例えば、Yanu ユニットのご購入時に、現場で必要なサービスや飲料を提供するとともに、一定の割引をすること、などがあります。私たちは、皆様のプロダクトプレイスメントを Yanu トークンに交換するための安全なシステムを構築しました。

チーム すべてを見る

Alan Adojaan
Alan Adojaan
CEO & Marketing
Jan Graps
Jan Graps
Industrial Designer, Design team
Ken Ruut
Ken Ruut
Industrial Designer, Design team
Alvo Aabloo
Alvo Aabloo
CTO, Science team leader
Priit Kull
Priit Kull
Engineer and construction specialist, Building team leader
Henrik Aavik
Henrik Aavik
Applaud, Application development team leader

人気STO/ICO記事

  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数
  • 韓国の大手芸能事務所SMエンターテインメント、独自のブロックチェーンプラットフォームを開発か

    韓国現地メディアによると、韓国の大手芸能事務所SMエンターテインメント(BoA、東方神起、少女時代などを生みだした芸能事務所)が昨日、韓国で開かれた「Upbit開発者カンファレンス」で独自のブロックチェーンプラットフォームをリリースする計画があることを発表した。SMエンターテインメントはブロックチェーンが「仮想の世界」と「実物の世界」をつなぐいい道具として役割を果たすことができると判断した説明した。また、アーティストとファンがウィンウィン(win-win)できるモデルを作るために最善を尽くすと述べた。SMエンターテインメントの関係者は「ブロックチェーン事業を一緒にやっていく協力会社と話を進めて
  • LINEのブロックチェーン子会社が日本金融庁から正式認可

    メッセンジャーアプリ「LINE」を運営するLINE株式会社のブロックチェーン子会社「LVC株式会社」が本日6日に仮想通貨交換業者登録及び第一種会員への会員種別変更になったことが日本金融庁ホームページ、日本仮想通貨交換業協会のホームページを通じ発表された。LVC株式会社は、LINEの仮想通貨事業およびブロックチェーン関連事業を展開している会社だ。取り扱い通貨はBTC、ETH、BCH、LTC、XRPのメジャーな仮想通貨となる。当協会会員における仮想通貨交換業者登録及び第一種会員への会員種別変更について本日、金融庁より当協会会員の内1社の仮想通貨交換業者登録に関する公表がありましたのでお知らせいたし