Yanu - サービスロボットの実用トークン

Robolab は、飲食産業に大変革をもたらすサービスロボティクス企業です。 サービス変革の一環として、通常の人間のバーテンダーより著しく速く、有能な自動バーテンダーユニットを設計しました。いくつもの利点があり、このユニットは、通常のバーテンダーの問題を打ち破り、損失を簡単に利益に変えることができます。「Yanu」と呼ばれるこの未来のバーテンダーは、AI を動力源とした独自の特質を持ち、たくさんの飲み物レシピの知識があり、お客様と会話し、一度教え込まれたことは、人間の指示なしで、その任務を果たすことができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
YANU
開始日時
2018-10-10
終了日時
2018-12-12
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
10,000,000 USD
初回価格
1 YANU = 0.1 USD
トークン供給数
100,000
公式サイトへ Owner of Yanu?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, DASH, LTC, USD
供給率25%
KYC不明
参加不可地域USA, Estonia
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Sale - 60%

概要

Robolab のチームは、大学の科学者、一流設計者、娯楽やバー産業の専門家を含み、共同でサービスロロボットの分野において、新しく大胆な解決策を生み出してきました。私たちは、様々な分野のアドバイザーを保有し、現在は、営業人員を増強するなど、常時採用しています。私たちの発明と特許は、他の資産や権利と同様に、会社の所有物です。現在 Yanu は、試験や試作品の生産を行っており、未来は非常に近いと思われます。市場は巨大です! ひっきりなしに飲み物が提供される世界中の場所はどこでも、私たちの土俵になります。Yanu は非常に大きな可能性と幅広い魅力を持っていますが、まず一番近い市場、EU から始めたいと思います。Robolab では、既にヨーロッパ中に何人かの営業マネージャーがおり、柔軟な契約形態と飲料業界における共通問題に対する解決への関心の高まりのおかげで、最初の合意が締結されています。Yanu は、小さいユニットですが、あらゆる環境に適応するすばらしい構造を持ち合わせています。そのため、大規模な交通ハブ、夜の歓楽街、大規模イベントなど、通常飲み物が出されるのを待つ人々の長い列ができるようなどんな場所でも、対応することができます。

Robolab は、大手飲料企業と連携して、この装置をクロスマーケットする計画をしています。これにより、未来のロボットバーテンダーが広く認識され、ノベルティ広告の機会を作ることができます。Yanu 自身が自己アピールします!

Yanu トークンは、生産サイクルを高め、生産規模を拡大し、そしてさらにいろいろな可能性のために作られました!私たちは、お客様がトークンから特典を得ることができるようにいつくかのオプションを用意しています。例えば、Yanu ユニットのご購入時に、現場で必要なサービスや飲料を提供するとともに、一定の割引をすること、などがあります。私たちは、皆様のプロダクトプレイスメントを Yanu トークンに交換するための安全なシステムを構築しました。

チーム すべてを見る

Alan Adojaan
Alan Adojaan
CEO & Marketing
Jan Graps
Jan Graps
Industrial Designer, Design team
Ken Ruut
Ken Ruut
Industrial Designer, Design team
Alvo Aabloo
Alvo Aabloo
CTO, Science team leader
Priit Kull
Priit Kull
Engineer and construction specialist, Building team leader
Henrik Aavik
Henrik Aavik
Applaud, Application development team leader

人気STO/ICO記事

  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー
  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部
  • ドナルド・トランプ、仮想通貨は信頼できない

    米、大統領ドナルド・トランプは12日(現地時間)ツイッターを通じ、「私はビットコインや他の仮想通貨の支持者ではない。お金でもなく、その価値はとても不安定だ。規制されていない暗号資産は麻薬取引やその他違法行為を促進するような性質がある」と発言した。<ins></ins>また、「FacebookのLibraという“デジタル通貨”についても信頼性は無い。Facebookやほかの企業が新しい銀行になりたいのであれば、他の銀行のように、国内外の既存の銀行規制に従わなければならない。」と加えた。<ins></ins>最後に、「アメリカは唯一無二の通貨を持っている。それは他より強力で信用があり頼る事が出来る