Gese - アルコール産業における偽造問題との闘い

Geseブロックチェーンプラットフォームは、すべてのアルコール飲料の世界規模のデータベースであり、ユーザーは自分の好みに合った高品質の製品を素早く選択できます。 情報を検索するのはこれまでになく簡単になりました。現在、完全な製品コンテンツ情報を入手するには、消費者は自分のスマートフォンをボトルに貼ったNFCラベルの上に置くだけで済みます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GSE Token
開始日時
2019-03-15
終了日時
2019-05-01
最低目標
3,818 ETH
最高目標
49,090 ETH
初回価格
0.0405 USD
トークン供給数
50,000,000
公式サイトへ Owner of Gese?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率65%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • PRESALE - 43%
  • ICO SALE - 25%

概要

Geseは購入した商品の品質、プラットフォーム内で発展している地元の施設、およびターゲットとする消費者にアクセスするためにプラットフォームを使用するブランドを確保したい、一般消費者のユニークなコミュニティです。Geseは信頼できる統計データをブランドに提供するマーケティングツールであり、消費者が偽造アルコールから身を守るだけでなく、プラットフォーム内で報酬を得ることを可能にするソーシャルアプリケーションです。GeseはNFCタグとブロックチェーン技術を使用して実装されているため、偽造品を除外しながら製造業者から消費者まで各ボトルを追跡できます。

さて、本物の、適切なアルコールを選ぶためには、写真を撮る必要はありません。タグ自体が近距離から電話を起動させ、アプリケーションを起動し、必要な情報をすべて発行します。

Geseのアイデアは、大規模な消費者市場の調査と大手メーカーとの密接で長期的なコミュニケーションの直接の結果です。それは数百万の損失の問題を解決し、消費者の健康への脅威を取り除くように設計されています。

チーム すべてを見る

Pavel Bobosik
Pavel Bobosik
Co-founder and CEO
Andrey Yakovlev
Andrey Yakovlev
Co-founder
Alexander Strakh
Alexander Strakh
Blockchain Developer
Mikhail Dergachev
Mikhail Dergachev
PR
Alexey Pechkin
Alexey Pechkin
Team leader
Arkady Davidov
Arkady Davidov
Front-end developer

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・ 
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元: