xDAC - あなたの分散型会社を構築

DAOのサブクラスとして、xDACは、Proof of Work(PoW)インセンティブメカニズム、包括的なガバナンスと管理ツール、EOSの上に構築されたDAppsとAutonomous Agentsのサポートシステムを備えた分散型ネットワーク上の企業です。 xDACガバナンスはxDACプラットフォームによって規制されています。自立的な分散型エコシステムとして設計され、地理的な制限なしに成功のメリットを享受する意欲を持つビジネスから成り立っています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
XDAC
開始日時
2018-05-15
終了日時
2018-05-31
最低目標
1,500 ETH
最高目標
35,500 ETH
初回価格
1 XDAC = 0.001 ETH
トークン供給数
40,000,000
公式サイトへ Owner of xDAC?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率40 %
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-ICO - 45 %
  • ICO Round 1 - 20 %
  • ICO Round 2 - 15 %
  • ICO Round 3 - 10 %
  • ICO Round 4 - 0 %

概要

xDACのプラットフォーム機能

ガバナンスとディスパッチ

xDACプラットフォームは、所有者が作成および運営するxDACに対してデジタル管轄権を確立します。第三者との紛争は、分散型紛争代表委員会(Dispute Representative Board:DRB)を通じて迅速かつ客観的に解決されます。

オーナーシップとトークン発行

所有者は、一定の数の投票または非投票トークンをスマートコントラクトを通じて発行し、所有者または公衆の間でICOまたはトークンセールを通じて配布することができます。

支払い手続き

各社の最も重要な部分は、支払い処理とデジタルウォレット技術の使用です。 xDACプラットフォームは、プラットフォーム上に会社を設立すると、xDACごとにマーチャントツールを備えたウォレットを作成します。

責任ファンド

xDACの負債が一定の負債比率を上回る場合、xDAC負債ファンドは対象となります。一定の閾値に達するまで、受け取った支払いの割合として計算されます。xDACのデフォルトの場合に投資家を保護します。

PoWパフォーマンス評価

xDACのPoWメカニズムは、自動評価システムがチームメンバーおよび企業の有効性を追跡し、参加によってプラットフォーム利益を分配することを可能にする。

プロジェクトとチームの管理

プロジェクトとチームの管理は、PoWのパフォーマンス評価の重要な機能です。それはxDACがタスクに追いつくのを助け、スケジューリングし、チームメンバーに自動支払いをします。

チーム すべてを見る

Oskar Duris
Oskar Duris
Founder/Project Lead
Eric Stone
Eric Stone
Technical Lead
Sergey Anpilogov
Sergey Anpilogov
Frontend Developer
Dmytro Stepanenko
Dmytro Stepanenko
Blockchain Developer
Alex Harmash
Alex Harmash
QA Engineer
Michael Marquis
Michael Marquis
Communication Lead

人気STO/ICO記事

  • LINEのブロックチェーン子会社が日本金融庁から正式認可

    メッセンジャーアプリ「LINE」を運営するLINE株式会社のブロックチェーン子会社「LVC株式会社」が本日6日に仮想通貨交換業者登録及び第一種会員への会員種別変更になったことが日本金融庁ホームページ、日本仮想通貨交換業協会のホームページを通じ発表された。LVC株式会社は、LINEの仮想通貨事業およびブロックチェーン関連事業を展開している会社だ。取り扱い通貨はBTC、ETH、BCH、LTC、XRPのメジャーな仮想通貨となる。当協会会員における仮想通貨交換業者登録及び第一種会員への会員種別変更について本日、金融庁より当協会会員の内1社の仮想通貨交換業者登録に関する公表がありましたのでお知らせいたし
  • 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴まとめ!メリット・口コミ

    ✅【便利】初心者でも使いやすい初心者でも簡単に取引できる販売所形式を採用しており、銘柄を選択し数量を入れるだけで売買が成立します。販売所の手数料は無料となっているが、スプレッドで見えない手数料がとられるため、頻繁に取引をする投資家は注意が必要!✅【信頼】信頼性の高いバックグラウンド三菱UFJやみずほフィナンシャルグループなどメガバンクを含む名だたる大企業が株主になっており、運営企業の信頼性が高いです。また、三井住友海上と連携し、国内初となるビットコイン事業者向けサイバー保険を開発するなどユーザーが安心できるサービス展開をしています。✅【お得】ビットコインをタダで入手できるbitFlyer経由で
  • 人口、約6万人のマーシャル諸島が独自の仮想通貨を発行か・・通貨名はSOV

    太平洋に位置する人口、約6万人の島国マーシャル諸島共和国が独自の仮想通貨を発行すると発表した。12日、ブルームバーグ通信によると、マーシャル諸島共和国の環境大臣であるデイビッド・ポール大臣は11日、シンガポールで開かれた仮想通貨カンファランスで「ブロックチェーン技術を用いたマーシャル諸島の独自の仮想通貨「マーシャルソブリン(SOV)」の発行を推進していることを明らかにした。現在、マーシャル諸島は自国の通貨がなく、米国のドルを法定通貨として使っている。ポール大臣は米国の経済依存度を減らす適切な時期であると判断したと述べた。また、マーシャル諸島の国民は最初に発行されるSOVの10%を、平等にもらえ