GSC Platform - 革命の中心に案内

Genesis Supply Chain Platformはフランスに拠点を置く企業です。 私たちは、サプライチェーン産業の飛行安全性向上とプロセス合理化のためのサプライチェーンソリューションを開発しています。 私たちは、すべての購買担当者にプラットフォームを提供してビジネスを向上させ、ブロックチェーン技術で実装するための簡単なツールを使用してコストと時間を削減します。 各社は第三者なしで自社のビジネスを管理することができます。

ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
GSCP
開始日時
2018-08-01
終了日時
2019-02-27
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
13,000,000 USD
初回価格
0.0700 USD
トークン供給数
999,999,999
公式サイトへ Owner of GSC Platform?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, CS, Fiat
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • The private sale - 50%
  • The pre sale - 40%
  • Public Sale 1st round - 20%
  • Public Sale 2nd round - 25%
  • Public Sale 3rd round - 30%

概要

当社のGSCソリューションは、サプライヤーの財務力、支払条件、品質基準、価格、納入条件、サービス仕様、部品仕様、紛争解決手続きなどの情報を共有する信頼性の高いプラットフォームを提供します。 GSCプラットフォームは、新しいサプライヤの迅速かつ効率的な統合を可能にします。バックグラウンドでは、大規模で分散したコンピュータネットワークが、サプライチェーンのメンバが行った各トランザクションを、リアルタイムかつ連続的に更新される共有レジスタ(ブロックチェーン)に記録します。さらに、これらのすべてのコンピュータ上で動作するPOWコンセンサスアルゴリズムは、各トランザクションの有効性を保証し、不正行為や悪意のある攻撃を防止します。    航空のような重要な分野では、すべての部品の供給元を知り、製品の品質に関する情報を入手し、不良部品の供給元を特定できることは、業界のプレーヤーにとって重要です。さらに、ブロックチェイン技術の透明的で検証可能な機能により、不正検出に対する効果的かつ迅速な対応が可能になります。

チーム すべてを見る

Rachel IQUI
Rachel IQUI
CFO
Heinrich BERG
Heinrich BERG
Business Dev Europe
Joshua CAMPBELL
Joshua CAMPBELL
CBDO
Matt PALMER
Matt PALMER
CCO
Sean MOEKE
Sean MOEKE
CMO
Achyut SHRESTHA
Achyut SHRESTHA
GSC Blockchain Development Director

人気ICO記事

  • コミケ95に参加されるサークルの皆様へ|仮想通貨決済を導入しませんか?

    気づけば11月も終盤になり、あっという間に年末ですね。年末といえば?はい。コミケですね。一応ピンと来ない方に概要をお伝えすると。東京ビッグサイトで開催される"オタクの祭典"・コミックマーケット、通称"コミケ"。毎回、50万人以上が駆けつける、熱量高いイベントです。今年の夏に開催されたコミックマーケット94は酷暑にも関わらず来場者数は53万人で、経済効果は180億円あるのだとか・・・。▼コミックマーケット95参加サークル34,850って、半端ないですね。コミケに負けじ劣らじの熱量があった?ビットコイン。昨年末と比較すると、現在は市場も落ち着き、「ビットコインおわた」なんて声も囁かれる昨今ですが、
  • BitcoinがもらえるポイントサイトであるTadacoin(タダコイン)が正式リリース

    OneBox株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:伊藤直樹)は、2018年12月13日に無料でBitcoinがもらえるポイントサイトであるTadacoin(タダコイン)を正式リリースしたことをお知らせします。()Tadacoin(タダコイン)は、2018年9月からBitcoinのFaucetサイト)としてβ版の提供をしておりました。 Faucetとは、「水道の蛇口」という意味から転じて、「蛇口をひねるように仮想通貨が出てくる」という意味で仮想通貨の世界では使われています。高水準の配布額で、ユーザー数は2ヶ月で2万人を超えました。2018年11月26日には、Tadacoin(タダコイン
  • 世界初の投資家たちとともに作った仮想通貨取引所 : ビットニア

    既存の取引所が公開しようとしない部分まで公開し"最高の透明性"を目標に登場した新規仮想通貨取引所ビットニア (BTCNIA)ビットニアは最初から格別です。 1年以上、仮想通貨コミュニティを運営してきたTEAM KCSは開発段階から企画やコンセプトを公開し、コミュニケーションを通じてコミュニティと共に作り出した取引所です。 取引所運営のすべての部分を隠さず投資家に公開するという点で独自性を強調し、非倫理的で不道徳な経営で崩壊しつつある仮想通貨市場を正すという彼らの切実な願いを込めて作りました。 彼らの取引所トークンであるニア (NIA) は従来のICOになかったボーナスオークション方式で進められ