Wiseは集積回路製品開発に支えられながら、分散型元帳技術を使用してIoTおよびモバイルデバイス上のさまざまなアプリケーションを可能にするエコシステムを開発した、アナログミックスドシグナル、システムオンチップの革新的開発者です。

ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
WSE
開始日時
2019-04-19
終了日時
2019-09-30
初回価格
10.0000 USD
トークン供給数
35,000,000
公式サイトへ Owner of Wise?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率35%
KYCKYC
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 70% off on Private sale - 50% off on pre sale

概要

Enigma ICは、Wi-Fiまたは携帯電話ネットワークを使用して他のEnigma ICと通信できます。 さらに、マイクロチップは自体の電波を介して多種多様な周波数で、そしてセルラーサービスまたはWi-Fiサービスが存在しない場所で通信することができます。この機能は、IoTの全世界と遠隔地へのネットワークの可能性を開きます。

Enigmaチップはブロックチェーンネイティブです。 無線送信された各ペイロードは、ブロックチェーンを作成するためにパケットに追加されるブロックと見なされます。 各パケットには、送信元送信機、送信先、日付と時刻、および関連する履歴に関する情報が含まれています。 データは1024ビット方式を使用して暗号化され、さらにハニー暗号化層が最大限の保護のために追加されます。 データパケットは蓄積され、搭載されているAIベースのセキュリティシステムによって変更から保護されています。

チーム すべてを見る

Pablo González
Pablo González
Advisor/President
Michael Zaslavsky
Michael Zaslavsky
Advisor
Stoicho Dimitrov
Stoicho Dimitrov
Advisor
Elist Ernheim
Elist Ernheim
Advisor
José María Figueres
José María Figueres
Chairman of the Board
Mauricio Lara
Mauricio Lara
Chief Executive Officer

人気ICO記事

  • 早稲田大学で講義しました!「コイン相場」開発週報 Vol.24

    急に寒くなりましたね。風邪には十分お気をつけください。私は暖房をタイマー設定するの忘れるのが多々あり、喉を痛めております。重複した内容を速報は1つだけ発信するようにニュース内容を解析して自動でフィルターに掛けれるように開発中です。履歴の価格計算の精度の向上を図っています。今まではグローバル価格で計算していましたが各取引所ごとの価格で算出できるよう開発中です。価格の上下が激しい場合に頻繁にアラートが鳴らないように開発中です。毎週金曜の作戦会議です。みんなで意見出し合ってより良いサービスを提供するために議論しています。12月10日に弊社の沼崎が早稲田大学で講義しました。眠そな人がいなくて助かりまし
  • エンジニア勉強会を開催しました!「コイン相場」開発週報 Vol.25

    世の中はすっかり年末ムードですね!飲み会三昧で体調は崩していませんか??かくいうCOINJINJAはというと、今日はみんなで忘年会です!余談ですが中国語の「乾杯(カンペイ)」はグラスを空にするまで飲み干すという意味だそうです。(気をつけましょうw)説明会はホントに最初だけで、メインコンテンツは実際に動かしてみる所。弊社のCEO徐楽楽が、その場でコードを書いて、一応公開する所まで1時間弱でいきました。エンジニアの方からすると簡単に出来そうに見えたようですが、非エンジニアからすると簡単では。。最後には簡単なアイディアソンをやって締め括りとなりました。社内コミュニケーションへのトークン導入や飲み会で
  • 世界初の投資家たちとともに作った仮想通貨取引所 : ビットニア

    既存の取引所が公開しようとしない部分まで公開し"最高の透明性"を目標に登場した新規仮想通貨取引所ビットニア (BTCNIA)ビットニアは最初から格別です。 1年以上、仮想通貨コミュニティを運営してきたTEAM KCSは開発段階から企画やコンセプトを公開し、コミュニケーションを通じてコミュニティと共に作り出した取引所です。 取引所運営のすべての部分を隠さず投資家に公開するという点で独自性を強調し、非倫理的で不道徳な経営で崩壊しつつある仮想通貨市場を正すという彼らの切実な願いを込めて作りました。 彼らの取引所トークンであるニア (NIA) は従来のICOになかったボーナスオークション方式で進められ