Wiseは集積回路製品開発に支えられながら、分散型元帳技術を使用してIoTおよびモバイルデバイス上のさまざまなアプリケーションを可能にするエコシステムを開発した、アナログミックスドシグナル、システムオンチップの革新的開発者です。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
WSE
開始日時
2019-04-19
終了日時
2019-09-30
初回価格
10.0000 USD
トークン供給数
35,000,000
公式サイトへ Owner of Wise?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率35%
KYCKYC
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 70% off on Private sale - 50% off on pre sale

概要

Enigma ICは、Wi-Fiまたは携帯電話ネットワークを使用して他のEnigma ICと通信できます。 さらに、マイクロチップは自体の電波を介して多種多様な周波数で、そしてセルラーサービスまたはWi-Fiサービスが存在しない場所で通信することができます。この機能は、IoTの全世界と遠隔地へのネットワークの可能性を開きます。

Enigmaチップはブロックチェーンネイティブです。 無線送信された各ペイロードは、ブロックチェーンを作成するためにパケットに追加されるブロックと見なされます。 各パケットには、送信元送信機、送信先、日付と時刻、および関連する履歴に関する情報が含まれています。 データは1024ビット方式を使用して暗号化され、さらにハニー暗号化層が最大限の保護のために追加されます。 データパケットは蓄積され、搭載されているAIベースのセキュリティシステムによって変更から保護されています。

チーム すべてを見る

Pablo González
Pablo González
Advisor/President
Michael Zaslavsky
Michael Zaslavsky
Advisor
Stoicho Dimitrov
Stoicho Dimitrov
Advisor
Elist Ernheim
Elist Ernheim
Advisor
José María Figueres
José María Figueres
Chairman of the Board
Mauricio Lara
Mauricio Lara
Chief Executive Officer

人気STO/ICO記事

  • コインチェックを投資初心者におすすめする理由! 仮想通貨取引所Coincheckを解説

    (国内取引所の平均は約6種類)ビットコイン等の主要仮想通貨はもちろん、人気の高いイーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、モナ(MONA)の売買も可能です。仮想通貨取引所といえば、専門用語が多く、投資経験者向けの機能を揃えたものが多いですが、Coincheckのアプリはを追求しており、と評判が高いです。 であるCoincheckは管理体制も盤石です。基本的なセキュリティー対策は勿論、徹底したシステム監査により情報システムの信頼性、安全性、効率性を担保しています。[ : BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、ETC、MONA、LSK、FCT : 無料 : 成行注文、指
  • LTC、ダスティング攻撃・・被害を受けたウォレットは約30万個と推測

    暗号資産メディアCointelegraphはブロックチェーン・データ分析企業GlassnodeのTwitterを引用し、「先日(9日)、バイナンスが時価総額5位のライトコイン(LTC)、50個のウォレットを対象に『ダスティング攻撃』があった」と発表したが、実際に被害を受けたのは29万4582アドレスであると報道した。<blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ko"><p lang="en" dir="ltr">The recent  dusting attack on  affected 294,582 addresses. During o
  • ボリンジャーバンドとその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。ボリンジャーバンド(BOLL)はチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。米国の金融アナリストで投資研究家のジョン・ボリンジャーが考案したことから、この名が付いています。1983年に考案され2011年に商標権が取得されました。ボリンジャーバンドは株価が移動平均線を中心に一定の範囲(標準偏差)の中で動くという前提で開発されました。ボリンジャーバンドは合わせて3つ