Wiseは集積回路製品開発に支えられながら、分散型元帳技術を使用してIoTおよびモバイルデバイス上のさまざまなアプリケーションを可能にするエコシステムを開発した、アナログミックスドシグナル、システムオンチップの革新的開発者です。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
WSE
開始日時
2019-04-19
終了日時
2019-09-30
初回価格
10.0000 USD
トークン供給数
35,000,000
公式サイトへ Owner of Wise?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率35%
KYCKYC
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 70% off on Private sale - 50% off on pre sale

概要

Enigma ICは、Wi-Fiまたは携帯電話ネットワークを使用して他のEnigma ICと通信できます。 さらに、マイクロチップは自体の電波を介して多種多様な周波数で、そしてセルラーサービスまたはWi-Fiサービスが存在しない場所で通信することができます。この機能は、IoTの全世界と遠隔地へのネットワークの可能性を開きます。

Enigmaチップはブロックチェーンネイティブです。 無線送信された各ペイロードは、ブロックチェーンを作成するためにパケットに追加されるブロックと見なされます。 各パケットには、送信元送信機、送信先、日付と時刻、および関連する履歴に関する情報が含まれています。 データは1024ビット方式を使用して暗号化され、さらにハニー暗号化層が最大限の保護のために追加されます。 データパケットは蓄積され、搭載されているAIベースのセキュリティシステムによって変更から保護されています。

チーム すべてを見る

Pablo González
Pablo González
Advisor/President
Michael Zaslavsky
Michael Zaslavsky
Advisor
Stoicho Dimitrov
Stoicho Dimitrov
Advisor
Elist Ernheim
Elist Ernheim
Advisor
José María Figueres
José María Figueres
Chairman of the Board
Mauricio Lara
Mauricio Lara
Chief Executive Officer

人気STO/ICO記事

  • LINEの子会社が運営するBITMAX取引所が本日から運営スタート

    2019年9月6日に金融庁から正式に、認可を受けたLINEのBITMAX取引所が本日(17日)の15時から運営をスタートした。「BITMAX」は、国内で 月間8,100万人以上が利用する「LINE」上の「LINEウォレット」タブからアクセスでき、ビットコイン(BTC)、 イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)の計5種類の仮想通貨を取り扱う。出金は「LINE Pay」から可能となり、LINEユーザーにとってはハードルが低く、アクセスしやすい。BITMAXは販売所形式の取引所で、現在スマホで利用できる。(Androidのみ)<ins>
  • UPbitから匿名通貨6種類の上場廃止が決定・・廃止検討から実行へ

    韓国最大の仮想通貨取引所UPbitが20日、公式ホームページを通じ、匿名の特徴を持つ仮想通貨6種類XMR, DASH, ZEC, XHV, TUBE, PIVXの取引を終了させると発表した。UPbitは今月の9日、仮想通貨がマネーロンダリングや違法的な目的で使われてはいけないと主張するFATFを意見を尊重し、匿名通貨の上場廃止をしていた。これらの仮想通貨はUPbitの内部方針により、発表後の10日以内である2019年9月30日 11:00に取引が完全にできなくなる。UPbitは上記、仮想通貨の取引が終了してから、30日間(10月19日)は出金ができると説明した。※参照元はで確認できます。<
  • 韓国で仮想通貨取引所は認可制になるか・・STOの合法化も視野に

    18日韓国国会によると、韓国の第一野党「自由韓国党」は来年、4月の選挙に向けて22日、国民報告大会を開き、議員と民間専門家らが作った政策報告書(公約)を発表する予定だ。自由韓国党の公約の核心的な内容は韓国における「仮想通貨規制の不確実性」をなくすことだ。現在の韓国政府はブロックチェーン技術は育て、仮想通貨は厳しく規制する立場をとっているが、自由韓国党はブロックチェーンと仮想通貨は切り離せないもので、投資家の保護を前提に仮想通貨産業全般を合法化する必要があると主張している。ブロックチェーン基盤の証券型トークン(STO)などの合法化も目指す。そして、「与党・野党」は仮想通貨取引所を政府が認可する