Wiseは集積回路製品開発に支えられながら、分散型元帳技術を使用してIoTおよびモバイルデバイス上のさまざまなアプリケーションを可能にするエコシステムを開発した、アナログミックスドシグナル、システムオンチップの革新的開発者です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
WSE
開始日時
2019-04-19
終了日時
2019-09-30
初回価格
10.0000 USD
トークン供給数
35,000,000
公式サイトへ Owner of Wise?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率35%
KYCKYC
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 70% off on Private sale - 50% off on pre sale

概要

Enigma ICは、Wi-Fiまたは携帯電話ネットワークを使用して他のEnigma ICと通信できます。 さらに、マイクロチップは自体の電波を介して多種多様な周波数で、そしてセルラーサービスまたはWi-Fiサービスが存在しない場所で通信することができます。この機能は、IoTの全世界と遠隔地へのネットワークの可能性を開きます。

Enigmaチップはブロックチェーンネイティブです。 無線送信された各ペイロードは、ブロックチェーンを作成するためにパケットに追加されるブロックと見なされます。 各パケットには、送信元送信機、送信先、日付と時刻、および関連する履歴に関する情報が含まれています。 データは1024ビット方式を使用して暗号化され、さらにハニー暗号化層が最大限の保護のために追加されます。 データパケットは蓄積され、搭載されているAIベースのセキュリティシステムによって変更から保護されています。

チーム すべてを見る

Pablo González
Pablo González
Advisor/President
Michael Zaslavsky
Michael Zaslavsky
Advisor
Stoicho Dimitrov
Stoicho Dimitrov
Advisor
Elist Ernheim
Elist Ernheim
Advisor
José María Figueres
José María Figueres
Chairman of the Board
Mauricio Lara
Mauricio Lara
Chief Executive Officer

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )