Astrome ICO - 宇宙からのインターネットサービス

Astromeは、革新的なミリ波無線通信技術を通じてインターネット配信に革命を起こしています。 同社は、SpaceNetと呼ばれる198個の超高スループット衛星(ultra-HTS)を低地球軌道で打ち上げることを目指しています。 SpaceNetの総ネットワーク容量は24Tbpsになります。 この星座は、打ち上げられている他の星座と比較して、Gbpsあたりのインフラストラクチャコストが1桁も低くなります。 衛星は北緯38度と南緯38度の間の全地域をカバーしています。 これには、南アジア、東南アジア、アフリカ、オーストラリア、中東、南アメリカ、北アメリカ(一部)および主要な海が含まれます。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
SPW
開始日時
2019-07-23
終了日時
2019-09-23
最低目標
10,000,000 EUR
最高目標
600,000,000 EUR
初回価格
1.1258 USD
トークン供給数
400,000,000
公式サイトへ Owner of Astrome ICO?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Astromeは、その革新的なミリ波無線通信技術を通じてインターネット配信に革命を起こしています。同社は、SpaceNetと呼ばれる198個の超高スループット衛星(ultra-HTS)を低地球軌道で打ち上げることを目指しています。 SpaceNetの総ネットワーク容量は24Tbpsになります。この星座は、打ち上げられている他の星座と比較して、Gbpsあたりのインフラストラクチャコストが1桁も低くなります。衛星は北緯38度と南緯38度の間の全地域をカバーしています。これには、南アジア、東南アジア、アフリカ、オーストラリア、中東、南アメリカ、北アメリカ(一部)および主要な海が含まれます。

SpaceNetインターネットサービスの3つの主なアプリケーションは以下のとおりです。

  1. 海上接続性:海上ユーザは、低帯域幅または法外に高価な衛星接続性に悩まされています。 Astromeの革新的な技術は、手頃な価格で海上での高帯域接続を可能にします。

  2. 衛星バックホール:衛星は、ファイババックボーンが必ずしも存在しない地方の遠隔地で4G / 5Gサービスを配信することを可能にします。このサービスにより、Astromeは、通信事業者やインターネットサービスプロバイダが、農村部や遠隔地でブロードバンド、4Gおよび5Gサービスを開始できるようにすることを目指しています。

  3. 家への直接(DTH)インターネット:Astromeは地域によっては家への直接インターネット接続も提供します。屋上のピザボックスサイズの機器は、消費者がAstromeのインターネットサービスを利用することを可能にします。

Astromeの財務層はブロックチェーンに対応しているため、インターネットサービスをより迅速かつ効率的に提供しながら、同時にWeb3.0の時代に備えています。

Astromeは、2019年7月23日からSpaceWave(SPW)と呼ばれるインターネットサービストークンを販売します。

チーム

Neha Satak
Neha Satak
CEO & Co-founder
Prasad HL Bhat
Prasad HL Bhat
CTO, Chairman & Co-founder
Arvind Iyer
Arvind Iyer
Director of Satellite Engineering, Astrome
Sreenivasa Rao
Sreenivasa Rao
Principal Scientist, Astrome

人気STO/ICO記事

  • 【中級・上級者向け】仮想通貨トレードの機会損失を防ぐ「Proアラート」リリース

    仮想通貨アプリ・コイン相場がついに有料会員制度・プレミアム会員をリリースしました!その中でも一番の目玉の機能はです。Proアラートとは、簡単にいうと価格アラートの上位互換版です。これまでの価格変動アラートに加えて、やを、コイン相場のPUSH通知でユーザーの皆様にお知らせする機能です。常にチャートに張り付いてトレードをしている方でも、多くの通貨ペアを同時に追い続けるの、苦しく無いですか?その点、Proアラートでは対応している取引所の全ての通貨ペアの分析をし、重要な局面の時だけ、ユーザーに教えてくれます。Proアラートがあれば、、、これで、これまで取りこぼしていたチャンスも、拾うことができた
  • コイン相場アプリで仮想通貨をウォッチリストに追加する方法3つ

    コイン相場ユーザーの皆様、コイン相場のウォッチリストから仮想通貨を追加する方法が3つもあるということをご存知ですか?気になる仮想通貨をどういった方法で追加するかはユーザー様次第ですが、状況によって効率よく追加する方法を考え、追加を簡単にお試しください。コイン追加・削除(編集)の画面で編集していたけど、追加したい仮想通貨がある場合は以下のような手順で簡単に追加できます。<ins></ins>ウォッチリストを見ていた際に、追加したい仮想通貨がある場合は以下の手順が効率がいいですのでお試しください。<ins></ins>銘柄の名前を覚えていないが確かにあの取引所にあったな見たらすぐ思い出せると思った
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、