Astrome ICO - 宇宙からのインターネットサービス

Astromeは、革新的なミリ波無線通信技術を通じてインターネット配信に革命を起こしています。 同社は、SpaceNetと呼ばれる198個の超高スループット衛星(ultra-HTS)を低地球軌道で打ち上げることを目指しています。 SpaceNetの総ネットワーク容量は24Tbpsになります。 この星座は、打ち上げられている他の星座と比較して、Gbpsあたりのインフラストラクチャコストが1桁も低くなります。 衛星は北緯38度と南緯38度の間の全地域をカバーしています。 これには、南アジア、東南アジア、アフリカ、オーストラリア、中東、南アメリカ、北アメリカ(一部)および主要な海が含まれます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SPW
開始日時
2019-07-23
終了日時
2019-09-23
最低目標
10,000,000 EUR
最高目標
600,000,000 EUR
初回価格
1.1258 USD
トークン供給数
400,000,000
公式サイトへ Owner of Astrome ICO?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Astromeは、その革新的なミリ波無線通信技術を通じてインターネット配信に革命を起こしています。同社は、SpaceNetと呼ばれる198個の超高スループット衛星(ultra-HTS)を低地球軌道で打ち上げることを目指しています。 SpaceNetの総ネットワーク容量は24Tbpsになります。この星座は、打ち上げられている他の星座と比較して、Gbpsあたりのインフラストラクチャコストが1桁も低くなります。衛星は北緯38度と南緯38度の間の全地域をカバーしています。これには、南アジア、東南アジア、アフリカ、オーストラリア、中東、南アメリカ、北アメリカ(一部)および主要な海が含まれます。

SpaceNetインターネットサービスの3つの主なアプリケーションは以下のとおりです。

  1. 海上接続性:海上ユーザは、低帯域幅または法外に高価な衛星接続性に悩まされています。 Astromeの革新的な技術は、手頃な価格で海上での高帯域接続を可能にします。

  2. 衛星バックホール:衛星は、ファイババックボーンが必ずしも存在しない地方の遠隔地で4G / 5Gサービスを配信することを可能にします。このサービスにより、Astromeは、通信事業者やインターネットサービスプロバイダが、農村部や遠隔地でブロードバンド、4Gおよび5Gサービスを開始できるようにすることを目指しています。

  3. 家への直接(DTH)インターネット:Astromeは地域によっては家への直接インターネット接続も提供します。屋上のピザボックスサイズの機器は、消費者がAstromeのインターネットサービスを利用することを可能にします。

Astromeの財務層はブロックチェーンに対応しているため、インターネットサービスをより迅速かつ効率的に提供しながら、同時にWeb3.0の時代に備えています。

Astromeは、2019年7月23日からSpaceWave(SPW)と呼ばれるインターネットサービストークンを販売します。

チーム

Neha Satak
Neha Satak
CEO & Co-founder
Prasad HL Bhat
Prasad HL Bhat
CTO, Chairman & Co-founder
Arvind Iyer
Arvind Iyer
Director of Satellite Engineering, Astrome
Sreenivasa Rao
Sreenivasa Rao
Principal Scientist, Astrome

人気STO/ICO記事

  • ノアシティ-分権国家の夢の実現

    新たな分散型経済を支持する人にとっての究極の夢は、ブロックチェーン技術の基本原則にのっとって運営される国家に居住することです。すなわち、民主主義、権力分配と分権、コンセンサスによる意思決定、デジタル自治といった原則です。この夢はノアシティによって現実になろうとしています。ノアプロジェクトは長期にわたって暗号資産市場に存在し続けています。最近、ノアプロジェクトはと提携して、ノアがその構築を目指すエコシステム全体をホストするための新ブロックチェーンの開発を進めています。Platinum Q DAOエンジニアリングが関わる別のプロジェクトが、です。これは分散型ネットワーク上で運営され、その分散型
  • 秘密鍵紛失の韓国の取引所が破産・・被害額5億6,000万円

    韓国の仮想通貨取引所「coinbin」が破産宣告を受けた。今年の初めに内部担当者が仮想通貨を保管しているウォレットの「秘密鍵」を紛失し、現在の相場で60億ウォン(約5億6,000万円)相当の仮想通貨が動かせない状態だ。12日、ソウル回生裁判所は「債務者(coinbin)に負債を超える破産原因の事実が存在する」と破産宣告の理由を説明した。従って、coinbinは12月10日まで債権申告を受け、来年の1月9日に1次債権者集会で実際の債権があるかを確認するという。coinbinの債権者は取引所のユーザーとなる。しかし、残っている資産を処分するとしても、ユーザーの被害額を全部返してもらうことは難しいと
  • 韓国大手取引所Upbitハッキング疑惑・・KISAが調査中

    韓国、最大級大手取引所Upbit(アップビット)で600億ウォン相当の大金が出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。Upbit(アップビット)は「サーバー点検による、仮想通貨入出金の一時中止」をアナウンスしている。27日、韓国の業界の情報筋よると午後2時16分Upbit(アップビット)のウォレットで約600億ウォンに達する仮想通貨が匿名の口座に出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。まず出金された仮想通貨はETH(イーサリアム)で560億ウォンが出金された後、1次点検がアナウンスされた。その後、ビットトレントトークン(BTT)40億ウォンが出金され2次点検がアナウンスされている。<in