Astrome ICO - 宇宙からのインターネットサービス

Astromeは、革新的なミリ波無線通信技術を通じてインターネット配信に革命を起こしています。 同社は、SpaceNetと呼ばれる198個の超高スループット衛星(ultra-HTS)を低地球軌道で打ち上げることを目指しています。 SpaceNetの総ネットワーク容量は24Tbpsになります。 この星座は、打ち上げられている他の星座と比較して、Gbpsあたりのインフラストラクチャコストが1桁も低くなります。 衛星は北緯38度と南緯38度の間の全地域をカバーしています。 これには、南アジア、東南アジア、アフリカ、オーストラリア、中東、南アメリカ、北アメリカ(一部)および主要な海が含まれます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SPW
開始日時
2019-07-23
終了日時
2019-09-23
最低目標
10,000,000 EUR
最高目標
600,000,000 EUR
初回価格
1.1258 USD
トークン供給数
400,000,000
公式サイトへ Owner of Astrome ICO?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Astromeは、その革新的なミリ波無線通信技術を通じてインターネット配信に革命を起こしています。同社は、SpaceNetと呼ばれる198個の超高スループット衛星(ultra-HTS)を低地球軌道で打ち上げることを目指しています。 SpaceNetの総ネットワーク容量は24Tbpsになります。この星座は、打ち上げられている他の星座と比較して、Gbpsあたりのインフラストラクチャコストが1桁も低くなります。衛星は北緯38度と南緯38度の間の全地域をカバーしています。これには、南アジア、東南アジア、アフリカ、オーストラリア、中東、南アメリカ、北アメリカ(一部)および主要な海が含まれます。

SpaceNetインターネットサービスの3つの主なアプリケーションは以下のとおりです。

  1. 海上接続性:海上ユーザは、低帯域幅または法外に高価な衛星接続性に悩まされています。 Astromeの革新的な技術は、手頃な価格で海上での高帯域接続を可能にします。

  2. 衛星バックホール:衛星は、ファイババックボーンが必ずしも存在しない地方の遠隔地で4G / 5Gサービスを配信することを可能にします。このサービスにより、Astromeは、通信事業者やインターネットサービスプロバイダが、農村部や遠隔地でブロードバンド、4Gおよび5Gサービスを開始できるようにすることを目指しています。

  3. 家への直接(DTH)インターネット:Astromeは地域によっては家への直接インターネット接続も提供します。屋上のピザボックスサイズの機器は、消費者がAstromeのインターネットサービスを利用することを可能にします。

Astromeの財務層はブロックチェーンに対応しているため、インターネットサービスをより迅速かつ効率的に提供しながら、同時にWeb3.0の時代に備えています。

Astromeは、2019年7月23日からSpaceWave(SPW)と呼ばれるインターネットサービストークンを販売します。

チーム

Neha Satak
Neha Satak
CEO & Co-founder
Prasad HL Bhat
Prasad HL Bhat
CTO, Chairman & Co-founder
Arvind Iyer
Arvind Iyer
Director of Satellite Engineering, Astrome
Sreenivasa Rao
Sreenivasa Rao
Principal Scientist, Astrome

人気STO/ICO記事

  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規
  • Coincheck(コインチェック)レバレッジ取引サービス終了へ

    マネックスグループの子会社である仮想通貨取引所「コインチェック」が本日の13時に公式ホームページをを通じ、2020年3月13日(金)12:00を持って、レバレッジ取引のサービスを終了すると発表した。レバレッジ取引でポジションを持っているユーザーは期日までにレバレッジアカウントにおける日本円残高を取引アカウントへお振替えしておく必要がある。取引終了日:2020年3月13日(金)12:00取引アカウントへの残高振替期限:2020年3月末現在、レバレッジ取引の新規注文を停止しております。レバレッジ取引の取引履歴については、引き続き閲覧可能です。予定は予告なく変更となる場合がございます。取引終了日(予
  • 韓国UPbitハッキング被害発表・・被害額53億円相当(ETH342,000枚)

    韓国、最大級大手取引所UPbit(アップビット)は580億ウォン相当ののETH(イーサリアム)342,000枚の不正出金が発生したことを27日18時ごろ発表した。出金先のウォレットのアドレスは0xa09871AEadF4994Ca12f5c0b6056BBd1d343c029でUPbitが分からないウォレットであると説明している。仮想通貨の出金が一時停止されたのは27日の午後2時16分頃だった。<ins></ins>UPbitを運営しているDunamuの体表理事イ・ソクウです。まず、UPbitを利用しているユーザーの皆様にご心配をおかけし、大変申し訳ございません。2019年 11月 27日 午