VReS - ゲーム、eSports、VRのすべてのユーザーのために

VReSは、VRゲームとeSports市場のための分散型ゲームプラットフォームを開発する予定です。 VReSportsを介して、ユーザーはより刺激的なVRゲームとeSportaが融合した新しいエコシステムを構築し、ゲーム対戦だけでなく、トーナメントの参加や、スポーツベッティング、VR空間内での対戦の視聴、好きな選手やチームへチップを送ってサポートすることができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VReS
開始日時
2018-06-17
終了日時
2018-07-31
最高目標
29,411 ETH
初回価格
1 ETH = 3400 VReS
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of VReS?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域USA
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre sale May 28th - June 17th - 15% Bonus

概要

VReS(バーチャルリアリティーeスポーツ)は、イーサリアムプラットフォーム上で発行されるVRビデオゲームとeSportsのトークンです。VReSトークンを使用することで、プレーヤーはeSportsトーナメントに参加したり、大会の報酬やヒントを受け取ることができます。さらに、視聴者は試合を見るだけでなく、特定の試合にスポーツベッティングをすることができ、これにより選手に経済的インセンティブを与えます。 これに基づいて新しいエコシステムが作られます。 VRビデオゲームとeSports市場をターゲットにした総合的なプラットフォームを開発することで、プレーヤーと視聴者がVReSportに関するネットワーキング、観賞、応援に参加し、エキサイティングなVReSportsを楽しむことができます。 また、このプロジェクトを通じて、アジア、欧州などのグローバルスタンダードとなるVRプラットフォームでのeSportsの普及を目指します。

チーム すべてを見る

Taichi Shibuki
Taichi Shibuki
CEO/Founder
Taiki Isobe
Taiki Isobe
CTO
Jeffrey Rowe
Jeffrey Rowe
COO
Manshiro Ogikubo
Manshiro Ogikubo
CKO
Seralyn Campbell
Seralyn Campbell
CPO
Jonathan Ealey
Jonathan Ealey
CMO

人気STO/ICO記事

  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。
  • 【コインポインとは】無料でビットコインが貰える|リスクなく暗号資産を運用しよう

    コインポインとはコイン相場が運営するお小遣いサイトです。普段のお買い物や娯楽などのサービス利用をで利用するだけで、ビットコインを貰うことができるお得なお小遣いサイトです。ビットコインといえば、2017年4月頃から2017年末のバブル期を彷彿とさせる価格高騰をみせており、改めて注目を集めています。新しいテクノロジーとして投資家から注目されるビットコインですが、まだまだ黎明期であり不安定な市場です。そこで、投資初心者の方にも手軽にリスクなくビットコインに触れて欲しいという想いから、がリリースされました。や、として、まずは気軽に体験してみませんか?の仕組みはアフィリエイト広告で成り立ってい
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ