Velix ID - 摩擦のないアイデンティティ検証のためのグローバルプラットフォーム

Velix.IDは、アイデンティティ検証のための分散型エコシステムを導入することにより、アイデンティティ検証スペースにおける経済コスト、時間消費、プライバシー、セキュリティ問題を解決することを目指しています。このプラットフォームはユーザー最適化(時間とコスト効率)、分散化(中央データベースにデータを格納しない)、透明的(トランザクションの真正性は誰でも検証可能)、セキュア(Velix.IDシステムが侵害されても )、Obscure(ユーザーのプライバシーは常に保護されています)、汎用性(瞬時のID検証、地図上の制限なし)のいずれかを使用することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VXD
開始日時
2018-04-17
終了日時
2018-05-15
最低目標
2,500,000 Dollar
最高目標
23,800,000 Dollar
初回価格
1 VXD = 1 $
トークン供給数
35,000,000
公式サイトへ Owner of Velix ID?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, XMR, ZEC, LTC, DASH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Presale 1 - Depends on investment

概要

主な機能

ユーザーが最適化しました

Velix.IDエコシステムは時間とコストの両方で効率的です。 アイデンティティを検証する際に発生する時間とコストは、ユーザーと企業の両方で大幅に削減されます。

分散型

Velix.IDエコシステムで単一の障害点が発生することはありません。 ノードの妥協は生態系の残りの部分に影響を与えません。

トランスペアレント

Velix IDブロックチェーン上のトランザクションは誰でも見ることができます。 検証された真正性は、行われたすべてのトランザクションに存在します。

安全

ユーザーのデータはVelixに保存されません。 Velix.IDシステムが侵害されたとしても、ユーザーのデータを侵害することはありません。

不明瞭

Velix.IDブロックチェーンは、最新のブロックチェーン技術であるゼロ知識証明を使用して、ブロックチェーン上の他のユーザからの取引先のプライバシーを保証します。

ユニバーサル

VLXトークンは、地理的境界に関係なく世界中の誰とでも即座に自律的なトランザクションを容易にすることによってプラットフォームをグローバル化します。

チーム

Manav Singhal
Manav Singhal
CEO & Co-founder
Balwant Singh
Balwant Singh
CTO & Co-founder
Neer Varshney
Neer Varshney
Head of Communications & Outreach
Shivam Mehan
Shivam Mehan
Community Head, Global
Guangling Yang
Guangling Yang
Blockchain Developer
Mike Cunningham
Mike Cunningham
Community Head, Australia

人気STO/ICO記事

  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗