Sovrin - すべての人のためのアイデンティティ

Sovrinは自主的なアイデンティティのための分散型の、世界的な公共ユーティリティです。 自己主権とは、あらゆる人、組織、または物に対する一生の携帯型アイデンティティを意味します。 それは誰もが使うことができて気分がいいスマートなアイデンティティです。 自主的なアイデンティティを持つことで、保有者は検証可能な資格をプライバシーに安全な方法で提示することができます。 これらの資格情報は、航空券や運転免許証のように多様なものを表すことができます。 Sovrinのアイデンティティは、現在壊れているオンラインアイデンティティシステムを変革します。 Sovrinの身元は、取引コストを削減し、人々の個人情報を保護し、サイバー犯罪の機会を制限し、医療から銀行、IoT、投票詐欺までの分野での身元確認の課題を簡素化します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
SOVRIN
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Sovrin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームSeparate blockchain
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

デジタルIDは、インターネット上で最も古く、最も困難な問題の1つです。オフラインの世界でするのと同じ方法で私たちのオンラインアイデンティティを証明するためにデジタル資格情報を使う方法はまだありません。これはようやく変わりつつあります。

まず、World Wide Webコンソーシアムは、デジタル署名された資格情報の形式を標準化しています。次に、公開ブロックチェーンは、デジタル署名の検証に必要な公開鍵の分散登録と発見を提供します。これら2つのステップは、自治体のアイデンティティ、つまり中央当局に頼らず持ち去ることができない、生涯の携帯型デジタルアイデンティティのための世界的な公益を確立する道を開きます。

Sovrin Networkは、ガバナンス(Sovrin FoundationおよびSovrin Trust Framework)、スケーラビリティ(検証ノードとオブザーバノード、および状態証明)、そしてアクセス可能性(最小のコストおよび最大の可用性)を含む、この目的専用に設計されています。最も重要なこととして、Sovrinは、ペアごとの仮名識別子、ピアツーピアプライベートエージェント、およびゼロ知識プルーフ暗号を使用した個人データの選択的開示を含む、グローバル規模でのPrivacy by Designを実装しています。このインフラストラクチャの出現は、IDとアクセス管理、サイバーセキュリティ、RegTech、データ統合という少なくとも4つの主要市場を変革することができます。

信任状発行者、所有者、および検証者に経済的なインセンティブを提供するために、Sovrinプロトコルには、プライバシー保護の価値交換のために明示的に設計されたデジタルトークンが組み込まれます。 Sovrinトークンは、デジタル信用証明保険および許可された第一者データ(顧客からの直接)のための補助的な市場とともに、あらゆるタイプおよび価値レベルのデジタル信用証明書のための世界市場を可能にするはずです。

チーム

Heather Dahl
Heather Dahl
Executive Director
Roy Avondet
Roy Avondet
CFO
Nathan George
Nathan George
CTO

人気STO/ICO記事

  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi
  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、