Velix ID - 摩擦のないアイデンティティ検証のためのグローバルプラットフォーム

Velix.IDは、アイデンティティ検証のための分散型エコシステムを導入することにより、アイデンティティ検証スペースにおける経済コスト、時間消費、プライバシー、セキュリティ問題を解決することを目指しています。このプラットフォームはユーザー最適化(時間とコスト効率)、分散化(中央データベースにデータを格納しない)、透明的(トランザクションの真正性は誰でも検証可能)、セキュア(Velix.IDシステムが侵害されても )、Obscure(ユーザーのプライバシーは常に保護されています)、汎用性(瞬時のID検証、地図上の制限なし)のいずれかを使用することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VXD
開始日時
2018-04-17
終了日時
2018-05-15
最低目標
2,500,000 Dollar
最高目標
23,800,000 Dollar
初回価格
1 VXD = 1 $
トークン供給数
35,000,000
公式サイトへ Owner of Velix ID?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, XMR, ZEC, LTC, DASH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Presale 1 - Depends on investment

概要

主な機能

ユーザーが最適化しました

Velix.IDエコシステムは時間とコストの両方で効率的です。 アイデンティティを検証する際に発生する時間とコストは、ユーザーと企業の両方で大幅に削減されます。

分散型

Velix.IDエコシステムで単一の障害点が発生することはありません。 ノードの妥協は生態系の残りの部分に影響を与えません。

トランスペアレント

Velix IDブロックチェーン上のトランザクションは誰でも見ることができます。 検証された真正性は、行われたすべてのトランザクションに存在します。

安全

ユーザーのデータはVelixに保存されません。 Velix.IDシステムが侵害されたとしても、ユーザーのデータを侵害することはありません。

不明瞭

Velix.IDブロックチェーンは、最新のブロックチェーン技術であるゼロ知識証明を使用して、ブロックチェーン上の他のユーザからの取引先のプライバシーを保証します。

ユニバーサル

VLXトークンは、地理的境界に関係なく世界中の誰とでも即座に自律的なトランザクションを容易にすることによってプラットフォームをグローバル化します。

チーム

Manav Singhal
Manav Singhal
CEO & Co-founder
Balwant Singh
Balwant Singh
CTO & Co-founder
Neer Varshney
Neer Varshney
Head of Communications & Outreach
Shivam Mehan
Shivam Mehan
Community Head, Global
Guangling Yang
Guangling Yang
Blockchain Developer
Mike Cunningham
Mike Cunningham
Community Head, Australia

人気STO/ICO記事

  • 【7/18】世界ニュースまとめ - 米、国税庁が暗号資産投資者を対象に取引の内訳に関する申告を要求、財務省・金融庁が主導で暗号資産版SWIFTを創設

    UNLOCKの18日報道によるとリップル社が2004年設立されたクウェートのBoubyan銀行と17日パートナシップを締結した。Boubyan銀行は払込済み資本金が7億ドル(約754億円)を上回ることやもう一つのリップルのパートナーであるクウェート国立銀行(NBK)が主要株主として知られている。今回のパートナー締結の目的は「世界をリードする送金会社」RippleNetと協力し、銀行のスピードとセキュリティおよびデータの完全性をより確実にするためであると銀行の役員は説明した。リップルとBoubyan銀行の協定は現在、クウェート中央銀行の承認を待っている状態だ。参照元:<ins></ins>ロイ
  • 【7/17】世界ニュースまとめ - 仮想通貨投資で有名だった「青汁王子」懲役2年求刑、サモア当局、PayPal、リップルに対抗、モバイル送金アプリ「Xoom」を8月リリース予定

    世界的な送金及び決済サービス大手企業PayPalがリップルと競合するモバイル国際送金アプリXoomを8月リリースする予定だ。暗号資産メディアDecryptによると、PayPalは国際送金をより早く便利に提供するためのXoomアプリサビースを来月からヨーロッパ全域で始める。Xoomはヨーロッパ32か国の居住者が世界132か国以上の国に送金できる予定で、まずはヨーロッパからサービスが開始される。Xoomは銀行との提携を通じ、1件当たり、最大8,000パウンド(約100万円)までの送金ができ、送金手数料はヨーロッパ内=4ドル、ヨーロッパ以外=9ドルで設定されている。同メディアはXoomアプリがリリー
  • 【7/13】世界ニュースまとめ - 財務省・金融庁・日銀がリブラの連絡会を設置か、個人情報流出のFacebookに制裁金5,400億円、バイナンスCEO「個人投資家の比率6割以上」、相場の主導は個人投資家

    暗号資産専門メディアCoinpostの報道で財務省・金融庁・日銀が共同で「リブラ」に関する連絡会を設置したことが分かった。リブラは20億人のFacebookユーザーを中心に急激な普及が予想されるが、マネーロンダリングや既存の金融システムに影響などの不透明な部分が多いため、必要に応じ会合を開き、対策などのさまざまな論点について議論する予定だ。参照元:<ins></ins>ブルームバーグによると13日(現地時間)バイナンスCEOは同メディアとのインタビューで、「今年の仮想通貨の価格上昇は機関投資家の参入の結果だという見方もあるが、バイナンスの取引高は約60%が個人投資家によるものだ」と述べ、ビッ