Typhoon Network - Binance Smart Chain上のプライベート取引

Typhoonは、Binance Smart Chain上に構築されたdAppで、BSC上にプライバシーを重視したシステムを確立し、大量導入することを目的としています。 誰もがオンラインで情報の痕跡を残す時代にあって、真に匿名でいることは難しくなっています。ブロックチェーンはパブリックな性質を持っているため、すべての行為が永続的に記録され、誰でも見ることができるため、この問題はさらに難しくなっています。 Typhoonは、zkSNARKとzero-knowledge技術を利用して、パブリック台帳上でのプライベートな取引を可能にすることで、この問題を解決します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
TYPH
開始日時
2021-03-26
終了日時
2021-03-28
最高目標
2,000,000 USD
初回価格
0.50 USD
トークン供給数
4,000,000
公式サイトへ Owner of Typhoon Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームBSC
タイプBEP20
参加可能通貨BUSD/EGG, Others
供給率20%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Typhoonは、2つのウォレット間のプライベートな取引を可能にするための、完全にオンチェーンで実装された分散型のプロジェクトです。Typhoonはプロキシの役割を巧みに果たしているが、暗号のステロイドです。

TyphoonはzkSNARKという新しい形式のゼロ知識暗号を利用します。zkSNARKは、ユーザーが実際に情報を公開することなく、情報の所有を証明することを可能にします。

Typhoonにお金を預ける際、ユーザーはランダムな秘密を生成し、その一部(ハッシュ)を資産と一緒にスマートコントラクトに提出します。その後、その預金を再び引き出すためには、ユーザーは自分が本当に未使用の預金の秘密の所有者であることを暗号化して証明しなければなりません。zkSNARKのおかげで、自分が持っている秘密をパブリックブロックチェーンに公開せずに、すべてを行うことができます。

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )