Typhoon Network - Binance Smart Chain上のプライベート取引

Typhoonは、Binance Smart Chain上に構築されたdAppで、BSC上にプライバシーを重視したシステムを確立し、大量導入することを目的としています。 誰もがオンラインで情報の痕跡を残す時代にあって、真に匿名でいることは難しくなっています。ブロックチェーンはパブリックな性質を持っているため、すべての行為が永続的に記録され、誰でも見ることができるため、この問題はさらに難しくなっています。 Typhoonは、zkSNARKとzero-knowledge技術を利用して、パブリック台帳上でのプライベートな取引を可能にすることで、この問題を解決します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
TYPH
開始日時
2021-03-26
終了日時
2021-03-28
最高目標
2,000,000 USD
初回価格
0.50 USD
トークン供給数
4,000,000
公式サイトへ Owner of Typhoon Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームBSC
タイプBEP20
参加可能通貨BUSD/EGG, Others
供給率20%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Typhoonは、2つのウォレット間のプライベートな取引を可能にするための、完全にオンチェーンで実装された分散型のプロジェクトです。Typhoonはプロキシの役割を巧みに果たしているが、暗号のステロイドです。

TyphoonはzkSNARKという新しい形式のゼロ知識暗号を利用します。zkSNARKは、ユーザーが実際に情報を公開することなく、情報の所有を証明することを可能にします。

Typhoonにお金を預ける際、ユーザーはランダムな秘密を生成し、その一部(ハッシュ)を資産と一緒にスマートコントラクトに提出します。その後、その預金を再び引き出すためには、ユーザーは自分が本当に未使用の預金の秘密の所有者であることを暗号化して証明しなければなりません。zkSNARKのおかげで、自分が持っている秘密をパブリックブロックチェーンに公開せずに、すべてを行うことができます。

人気STO/ICO記事

  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗