Typhoon Network - Binance Smart Chain上のプライベート取引

Typhoonは、Binance Smart Chain上に構築されたdAppで、BSC上にプライバシーを重視したシステムを確立し、大量導入することを目的としています。 誰もがオンラインで情報の痕跡を残す時代にあって、真に匿名でいることは難しくなっています。ブロックチェーンはパブリックな性質を持っているため、すべての行為が永続的に記録され、誰でも見ることができるため、この問題はさらに難しくなっています。 Typhoonは、zkSNARKとzero-knowledge技術を利用して、パブリック台帳上でのプライベートな取引を可能にすることで、この問題を解決します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
TYPH
開始日時
2021-03-26
終了日時
2021-03-28
最高目標
2,000,000 USD
初回価格
0.50 USD
トークン供給数
4,000,000
公式サイトへ Owner of Typhoon Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームBSC
タイプBEP20
参加可能通貨BUSD/EGG, Others
供給率20%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Typhoonは、2つのウォレット間のプライベートな取引を可能にするための、完全にオンチェーンで実装された分散型のプロジェクトです。Typhoonはプロキシの役割を巧みに果たしているが、暗号のステロイドです。

TyphoonはzkSNARKという新しい形式のゼロ知識暗号を利用します。zkSNARKは、ユーザーが実際に情報を公開することなく、情報の所有を証明することを可能にします。

Typhoonにお金を預ける際、ユーザーはランダムな秘密を生成し、その一部(ハッシュ)を資産と一緒にスマートコントラクトに提出します。その後、その預金を再び引き出すためには、ユーザーは自分が本当に未使用の預金の秘密の所有者であることを暗号化して証明しなければなりません。zkSNARKのおかげで、自分が持っている秘密をパブリックブロックチェーンに公開せずに、すべてを行うことができます。

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常