Sylo - あなたがあなたのままでいられるテクノロジー

Syloプロトコルは分散型の通信プロトコルであり、Syloネットワーク上でのユーザーとConnected Applicationsとの間における安全で標準化された接続を容易にする。このSyloプロトコルは、完全に分散化され自律した通信、ストレージおよび支払いネットワークとして実装が行われており、サードパーティが提供するConnected Applicationsにて活用される。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SYLO
開始日時
2018-10-18
終了日時
2018-11-17
最低目標
25,000,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
1 SYLO = 0.0087 USD
トークン供給数
3,250,000,000
公式サイトへ Owner of Sylo?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率32,5%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Syloプロトコルは分散型の通信プロトコルであり、Syloネットワーク上でのユーザーとConnected Applicationsとの間における安全で標準化された接続を容易にする。このSyloプロトコルは、完全に分散化され自律した通信、ストレージおよび支払いネットワークとして実装が行われており、サードパーティが提供するConnected Applicationsにて活用される。

Syloプロトコルの通信面での各機能は、P2P通信アプリケーションであるSyloアプリケーション(www.sylo.io),内ですでに使用されており、機密性の高い音声通話、ビデオ通話およびメッセージングが実現されている。今回の新しいバージョンのSyloアプリケーションは、App StoreとGoogle Playストアから(提供されている場合)AppleおよびAndroidデバイスにダウンロードできる。本ホワイトペーパー発行の日付時点でSyloアプリケーションはすでに世界で18,000人のユーザーを獲得している。

Syloアプリケーションは分散型Syloプロトコルで実装され、完全に分散型の通信アプリケーションとる。 Syloアプリケーションは、Syloエコシステムのハブとなる。すなわち、Syloプロトコルを使用した、Connected Applicationsが提供する分散化された機能にシームレスにアクセスができる機密性の高い通信アプリケーションである。

Syloメイントークン (SYLO)は、完全に分散化されたブロックチェーン上でSyloプロトコルにアクセスし、Syloプロトコルを動かす燃料 となるユーティリティ・トークンである。 Syloプロトコルにアクセスし、リアルタイムでの通信(ビデオ、音声、メッセージ、データストリーミング)、有料通信、分散型ストレージ、プロフィールやアドレス帳管理を利用するにはSYLOが必要となる。

Syloチームは、SyloプロトコルがCentralityエコシステム内のすべての分散型アプリケーション(DApps)のための通信プロトコルとなることを確実にするためCentrality (centrality.ai)と提携している。

Syloチームはシンガポール企業であるSylo Protocol Pte. Limitedを通じトークン生成イベント(TGE)を実施し、$0.0087のレートで SYLOを流通させる予定である。Sylo TGEは30日間、またはソフトキャップである2500万USD相当に達するまで実施される。本時点においてSylo Protocol Pte. Limitedは3500万USDのハードキャップまでセールを延長する可能性がある。

チーム すべてを見る

Brian Russell
Brian Russell
DIRECTOR
Aaron McDonald
Aaron McDonald
DIRECTOR
Robin Johannink
Robin Johannink
DIRECTOR
Daniel Gillespie
Daniel Gillespie
DIRECTOR
Brendon Packard
Brendon Packard
DIRECTOR
Dorian Johannink
Dorian Johannink
BUSINESS DIRECTOR

人気ICO記事

  • エンジニア勉強会を開催しました!「コイン相場」開発週報 Vol.25

    世の中はすっかり年末ムードですね!飲み会三昧で体調は崩していませんか??かくいうCOINJINJAはというと、今日はみんなで忘年会です!余談ですが中国語の「乾杯(カンペイ)」はグラスを空にするまで飲み干すという意味だそうです。(気をつけましょうw)説明会はホントに最初だけで、メインコンテンツは実際に動かしてみる所。弊社のCEO徐楽楽が、その場でコードを書いて、一応公開する所まで1時間弱でいきました。エンジニアの方からすると簡単に出来そうに見えたようですが、非エンジニアからすると簡単では。。最後には簡単なアイディアソンをやって締め括りとなりました。社内コミュニケーションへのトークン導入や飲み会で
  • BitcoinがもらえるポイントサイトであるTadacoin(タダコイン)が正式リリース

    OneBox株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:伊藤直樹)は、2018年12月13日に無料でBitcoinがもらえるポイントサイトであるTadacoin(タダコイン)を正式リリースしたことをお知らせします。()Tadacoin(タダコイン)は、2018年9月からBitcoinのFaucetサイト)としてβ版の提供をしておりました。 Faucetとは、「水道の蛇口」という意味から転じて、「蛇口をひねるように仮想通貨が出てくる」という意味で仮想通貨の世界では使われています。高水準の配布額で、ユーザー数は2ヶ月で2万人を超えました。2018年11月26日には、Tadacoin(タダコイン
  • コミケ95に参加されるサークルの皆様へ|仮想通貨決済を導入しませんか?

    気づけば11月も終盤になり、あっという間に年末ですね。年末といえば?はい。コミケですね。一応ピンと来ない方に概要をお伝えすると。東京ビッグサイトで開催される"オタクの祭典"・コミックマーケット、通称"コミケ"。毎回、50万人以上が駆けつける、熱量高いイベントです。今年の夏に開催されたコミックマーケット94は酷暑にも関わらず来場者数は53万人で、経済効果は180億円あるのだとか・・・。▼コミックマーケット95参加サークル34,850って、半端ないですね。コミケに負けじ劣らじの熱量があった?ビットコイン。昨年末と比較すると、現在は市場も落ち着き、「ビットコインおわた」なんて声も囁かれる昨今ですが、