Sylo - あなたがあなたのままでいられるテクノロジー

Syloプロトコルは分散型の通信プロトコルであり、Syloネットワーク上でのユーザーとConnected Applicationsとの間における安全で標準化された接続を容易にする。このSyloプロトコルは、完全に分散化され自律した通信、ストレージおよび支払いネットワークとして実装が行われており、サードパーティが提供するConnected Applicationsにて活用される。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SYLO
開始日時
2018-10-18
終了日時
2018-11-17
最低目標
25,000,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
1 SYLO = 0.0087 USD
トークン供給数
3,250,000,000
公式サイトへ Owner of Sylo?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率32,5%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Syloプロトコルは分散型の通信プロトコルであり、Syloネットワーク上でのユーザーとConnected Applicationsとの間における安全で標準化された接続を容易にする。このSyloプロトコルは、完全に分散化され自律した通信、ストレージおよび支払いネットワークとして実装が行われており、サードパーティが提供するConnected Applicationsにて活用される。

Syloプロトコルの通信面での各機能は、P2P通信アプリケーションであるSyloアプリケーション(www.sylo.io),内ですでに使用されており、機密性の高い音声通話、ビデオ通話およびメッセージングが実現されている。今回の新しいバージョンのSyloアプリケーションは、App StoreとGoogle Playストアから(提供されている場合)AppleおよびAndroidデバイスにダウンロードできる。本ホワイトペーパー発行の日付時点でSyloアプリケーションはすでに世界で18,000人のユーザーを獲得している。

Syloアプリケーションは分散型Syloプロトコルで実装され、完全に分散型の通信アプリケーションとる。 Syloアプリケーションは、Syloエコシステムのハブとなる。すなわち、Syloプロトコルを使用した、Connected Applicationsが提供する分散化された機能にシームレスにアクセスができる機密性の高い通信アプリケーションである。

Syloメイントークン (SYLO)は、完全に分散化されたブロックチェーン上でSyloプロトコルにアクセスし、Syloプロトコルを動かす燃料 となるユーティリティ・トークンである。 Syloプロトコルにアクセスし、リアルタイムでの通信(ビデオ、音声、メッセージ、データストリーミング)、有料通信、分散型ストレージ、プロフィールやアドレス帳管理を利用するにはSYLOが必要となる。

Syloチームは、SyloプロトコルがCentralityエコシステム内のすべての分散型アプリケーション(DApps)のための通信プロトコルとなることを確実にするためCentrality (centrality.ai)と提携している。

Syloチームはシンガポール企業であるSylo Protocol Pte. Limitedを通じトークン生成イベント(TGE)を実施し、$0.0087のレートで SYLOを流通させる予定である。Sylo TGEは30日間、またはソフトキャップである2500万USD相当に達するまで実施される。本時点においてSylo Protocol Pte. Limitedは3500万USDのハードキャップまでセールを延長する可能性がある。

チーム すべてを見る

Brian Russell
Brian Russell
DIRECTOR
Aaron McDonald
Aaron McDonald
DIRECTOR
Robin Johannink
Robin Johannink
DIRECTOR
Daniel Gillespie
Daniel Gillespie
DIRECTOR
Brendon Packard
Brendon Packard
DIRECTOR
Dorian Johannink
Dorian Johannink
BUSINESS DIRECTOR

人気ICO記事

  • 海外でも有力な仮想通貨取引所、Huobiが日本進出、Huobi Japanの特徴とは?

    「Huobi Japan」は、世界中に展開する仮想通貨取引所Huobiが、日本で2019年1月から仮想通貨取引サービスを開始した国内取引所であり、金融庁の仮想通貨交換業の登録を受けています。(フォビジャパン株式会社、仮想通貨交換業 関東財務局長第00007号、)Huobiの本社(Huobi Global)には、全社員1300名のうち約300名がエンジニアとして在籍し、その多くはグローバル企業出身です。そのためHuobiは高いセキュリティを実現しており、2013年の本社創立以来、仮想通貨の流出事件は一度も発生していません。(出典) Huobiトレード画面 Huobi Japanでは、国内で人
  • Huobi(フォビ)の「成行注文」はココが違う!注文方法と手順を解説

    Huobi Japanは、世界で展開する大手仮想通貨企業Huobiが2019年1月にオープンした日本の取引所です。(フォビジャパン株式会社、 )Huobi Japanは金融庁に正式に登録されている仮想通貨交換業者で、2013年の本社(Huobi Global)設立以降培ってきた堅牢なセキュリティも特徴です。Huobi(フォビ)の取引プラットフォームには、売買したい価格を入力して注文する「指値(さしね)注文」と、希望価格を入力せずに注文する「成行(なりゆき)注文」の2つがあります。一長一短の注文方法ですが、次のような特徴があります。売買の成立を最優先したいときは成行注文、今より有利な価格で売買
  • 【2019年最新版】サラリーマンにおすすめの副業16選!会社員は隙間時間に賢く稼ぐ

    まだ、副業をしていないサラリーマンは危険信号です。もしあなたが一つの会社の収入のみに頼っているのであれば、このブログで紹介するに青ざめるかもしれません。一方でピンチはチャンスと言いまして、とも言えます。このブログが、日本の悩めるサラリーマンの参考になりますと幸いです。サラリーマンのは2017年で432万円です。リーマンショック以降やや回復傾向にはありますが、とはいえの状況であり、今後平均給与が大きく上がるとは考えづらいです。また、会社で給与が1万円しか上がらなかった(あるいは)なんて経験をしている人は多いのではないでしょうか。それもそのはず、終身雇用型の給与形態をとっている会社では