Grabity - インターネットの新しいパラダイム

Grabityは、コンピュータアイドルリソースを最優先に使用するパブリックチェーンシステムの開発を行い、ブロックチェーンの標準化されたプロトコルにするよう努めています。 Grabityは、開発者が自分のデバイスを使用してノードになり、料金を支払うことなくDAppアプリケーションを実行できるように、多くの費用を支払うことなくサーバーを実行できる優れたエコシステムを作り上げるために努力しています。 そのためには、同時のパラレルトランザクションの実現、分散式ストレージ技術の普及、自己開発の初期Genesis Hoisting技術とDefrag機能による、ピアツーピア(P2P)通信最適化され分散型ネットワークを構築します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GBT
開始日時
2019-01-14
終了日時
2019-03-31
最低目標
10,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
0.0053 USD
トークン供給数
7,000,000,000
公式サイトへ Owner of Grabity?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

誰でもスマホ、タブレット、PCなどの既存のアイドル状態のデバイスを通じてコン​​ピュータリソースを共有することができ、パブリックブロックチェーンを構築し、インターネットパラダイムを集中型システムから分散型ネットワークに変えることに貢献できます。

Grabityは、インターネットパラダイムを集中型ネットワークから分散型ネットワークに変えるための、パブリックブロックチェーンプロジェクトです。現在のハードウェアパフォーマンスは劇的に改善されていて、スマホが従来のサーバーよりも優れたパフォーマンスを発揮します。ただし、100%のストレージスペースやコンピューティングパワーは使用されていません。スマホ、タブレット、PCなどの既存のアイドル状態のデバイスを通じて誰でもコンピュータリソースを共有でき、ユーザーはリソースを提供するだけで報酬を受け取ることができ、DApp開発者は共有コンピュータリソースを使用して低コストでサービスを運用できます。 Grabityプロジェクトが商業化段階に到達すると、誰もが分散型ノードを使用してインターネットパラダイムを切り替えることができます。

チーム すべてを見る

Jangwon Lim
Jangwon Lim
Founder & CEO
Junho Lee
Junho Lee
Co-Founder & COO
Eddie Bak
Eddie Bak
Co-Founder & CTO
Johny Hoeun Jeon
Johny Hoeun Jeon
CMO
Sam Lee
Sam Lee
CSO
Sunny Chung
Sunny Chung
CFO

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株