Grabity - インターネットの新しいパラダイム

Grabityは、コンピュータアイドルリソースを最優先に使用するパブリックチェーンシステムの開発を行い、ブロックチェーンの標準化されたプロトコルにするよう努めています。 Grabityは、開発者が自分のデバイスを使用してノードになり、料金を支払うことなくDAppアプリケーションを実行できるように、多くの費用を支払うことなくサーバーを実行できる優れたエコシステムを作り上げるために努力しています。 そのためには、同時のパラレルトランザクションの実現、分散式ストレージ技術の普及、自己開発の初期Genesis Hoisting技術とDefrag機能による、ピアツーピア(P2P)通信最適化され分散型ネットワークを構築します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GBT
開始日時
2019-01-14
終了日時
2019-03-31
最低目標
10,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
0.0053 USD
トークン供給数
7,000,000,000
公式サイトへ Owner of Grabity?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

誰でもスマホ、タブレット、PCなどの既存のアイドル状態のデバイスを通じてコン​​ピュータリソースを共有することができ、パブリックブロックチェーンを構築し、インターネットパラダイムを集中型システムから分散型ネットワークに変えることに貢献できます。

Grabityは、インターネットパラダイムを集中型ネットワークから分散型ネットワークに変えるための、パブリックブロックチェーンプロジェクトです。現在のハードウェアパフォーマンスは劇的に改善されていて、スマホが従来のサーバーよりも優れたパフォーマンスを発揮します。ただし、100%のストレージスペースやコンピューティングパワーは使用されていません。スマホ、タブレット、PCなどの既存のアイドル状態のデバイスを通じて誰でもコンピュータリソースを共有でき、ユーザーはリソースを提供するだけで報酬を受け取ることができ、DApp開発者は共有コンピュータリソースを使用して低コストでサービスを運用できます。 Grabityプロジェクトが商業化段階に到達すると、誰もが分散型ノードを使用してインターネットパラダイムを切り替えることができます。

チーム すべてを見る

Jangwon Lim
Jangwon Lim
Founder & CEO
Junho Lee
Junho Lee
Co-Founder & COO
Eddie Bak
Eddie Bak
Co-Founder & CTO
Johny Hoeun Jeon
Johny Hoeun Jeon
CMO
Sam Lee
Sam Lee
CSO
Sunny Chung
Sunny Chung
CFO

人気STO/ICO記事

  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO