Grabity - インターネットの新しいパラダイム

Grabityは、コンピュータアイドルリソースを最優先に使用するパブリックチェーンシステムの開発を行い、ブロックチェーンの標準化されたプロトコルにするよう努めています。 Grabityは、開発者が自分のデバイスを使用してノードになり、料金を支払うことなくDAppアプリケーションを実行できるように、多くの費用を支払うことなくサーバーを実行できる優れたエコシステムを作り上げるために努力しています。 そのためには、同時のパラレルトランザクションの実現、分散式ストレージ技術の普及、自己開発の初期Genesis Hoisting技術とDefrag機能による、ピアツーピア(P2P)通信最適化され分散型ネットワークを構築します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GBT
開始日時
2019-01-14
終了日時
2019-03-31
最低目標
10,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
0.0053 USD
トークン供給数
7,000,000,000
公式サイトへ Owner of Grabity?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

誰でもスマホ、タブレット、PCなどの既存のアイドル状態のデバイスを通じてコン​​ピュータリソースを共有することができ、パブリックブロックチェーンを構築し、インターネットパラダイムを集中型システムから分散型ネットワークに変えることに貢献できます。

Grabityは、インターネットパラダイムを集中型ネットワークから分散型ネットワークに変えるための、パブリックブロックチェーンプロジェクトです。現在のハードウェアパフォーマンスは劇的に改善されていて、スマホが従来のサーバーよりも優れたパフォーマンスを発揮します。ただし、100%のストレージスペースやコンピューティングパワーは使用されていません。スマホ、タブレット、PCなどの既存のアイドル状態のデバイスを通じて誰でもコンピュータリソースを共有でき、ユーザーはリソースを提供するだけで報酬を受け取ることができ、DApp開発者は共有コンピュータリソースを使用して低コストでサービスを運用できます。 Grabityプロジェクトが商業化段階に到達すると、誰もが分散型ノードを使用してインターネットパラダイムを切り替えることができます。

チーム すべてを見る

Jangwon Lim
Jangwon Lim
Founder & CEO
Junho Lee
Junho Lee
Co-Founder & COO
Eddie Bak
Eddie Bak
Co-Founder & CTO
Johny Hoeun Jeon
Johny Hoeun Jeon
CMO
Sam Lee
Sam Lee
CSO
Sunny Chung
Sunny Chung
CFO

人気STO/ICO記事

  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。
  • BitMEXのBTC/USDペアー名称変更について

    いつもコイン相場をご利用いただき、誠にありがとうございます。最近、コイン相場アプリ内でBitMEXのチャートが表示されないというお問合せがたくさん届いています。既存のBitMEX取引所にあるBTC/USDペアーはアップデート後、XBT/USDに変更されましたのでBTC/USDペアーを登録していたユーザー様は「XBT/USD」ペアーを再度登録をお願いいたします。また、以下のスクリーンショットを見ると分かりますが、現在XBT/USDの表示にUSDが重複されている状況です。この部分は、正しく修正して参りますのでひとまずXBTUSD/USDでご利用をお願いいたします。もともと、アプリ内でBitMEX取
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)