Grabity - インターネットの新しいパラダイム

Grabityは、コンピュータアイドルリソースを最優先に使用するパブリックチェーンシステムの開発を行い、ブロックチェーンの標準化されたプロトコルにするよう努めています。 Grabityは、開発者が自分のデバイスを使用してノードになり、料金を支払うことなくDAppアプリケーションを実行できるように、多くの費用を支払うことなくサーバーを実行できる優れたエコシステムを作り上げるために努力しています。 そのためには、同時のパラレルトランザクションの実現、分散式ストレージ技術の普及、自己開発の初期Genesis Hoisting技術とDefrag機能による、ピアツーピア(P2P)通信最適化され分散型ネットワークを構築します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GBT
開始日時
2019-01-14
終了日時
2019-03-31
最低目標
10,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
0.0053 USD
トークン供給数
7,000,000,000
公式サイトへ Owner of Grabity?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

誰でもスマホ、タブレット、PCなどの既存のアイドル状態のデバイスを通じてコン​​ピュータリソースを共有することができ、パブリックブロックチェーンを構築し、インターネットパラダイムを集中型システムから分散型ネットワークに変えることに貢献できます。

Grabityは、インターネットパラダイムを集中型ネットワークから分散型ネットワークに変えるための、パブリックブロックチェーンプロジェクトです。現在のハードウェアパフォーマンスは劇的に改善されていて、スマホが従来のサーバーよりも優れたパフォーマンスを発揮します。ただし、100%のストレージスペースやコンピューティングパワーは使用されていません。スマホ、タブレット、PCなどの既存のアイドル状態のデバイスを通じて誰でもコンピュータリソースを共有でき、ユーザーはリソースを提供するだけで報酬を受け取ることができ、DApp開発者は共有コンピュータリソースを使用して低コストでサービスを運用できます。 Grabityプロジェクトが商業化段階に到達すると、誰もが分散型ノードを使用してインターネットパラダイムを切り替えることができます。

チーム すべてを見る

Jangwon Lim
Jangwon Lim
Founder & CEO
Junho Lee
Junho Lee
Co-Founder & COO
Eddie Bak
Eddie Bak
Co-Founder & CTO
Johny Hoeun Jeon
Johny Hoeun Jeon
CMO
Sam Lee
Sam Lee
CSO
Sunny Chung
Sunny Chung
CFO

人気STO/ICO記事

  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗