Ferrum Network - 最初の高速相互運用ネットワーク

Ferrum Networkは、実社会の金融アプリケーション向けに構築された高速相互運用ネットワークです。 2つの相互接続された要素で構成されています。ほぼすべてのブロックチェーンに接続してミリ秒単位であらゆるデジタル資産のピアツーピア取引を可能にするDAGベースの相互運用ネットワークとほぼすべてのブロックチェーンに接続してミリ秒単位であらゆるデジタル資産のピアツーピア取引を可能にするDAGベースの相互運用ネットワークと、ユーザーが資産の保護を受けずに任意のデジタル資産を購入、販売、取引、交換および保管することを可能にする垂直統合金融アプリケーション。ネットワークは、ネイティブのFerrum Networkユーティリティトークン(FRM)によって強化されています。 各取引は、証拠を取引に添付するためおよびスパム防止対策として、わずかな額のFRMが費やされ、燃やされることを必要とします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FRM
開始日時
2019-07-31
終了日時
2019-08-14
初回価格
1 FRMM = 0.016 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Ferrum Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Ferrum Networkは、実社会の金融アプリケーション向けに構築された高速相互運用ネットワークです。 2つの相互接続された要素で構成されています。ほぼすべてのブロックチェーンに接続してミリ秒単位であらゆるデジタル資産のピアツーピア取引を可能にするDAGベースの相互運用ネットワークとほぼすべてのブロックチェーンに接続してミリ秒単位であらゆるデジタル資産のピアツーピア取引を可能にするDAGベースの相互運用ネットワークと、ユーザーが資産の保護を受けずに任意のデジタル資産を購入、販売、取引、交換および保管することを可能にする垂直統合金融アプリケーション。ネットワークは、ネイティブのFerrum Networkユーティリティトークン(FRM)によって強化されています。 各取引は、証拠を取引に添付するためおよびスパム防止対策として、わずかな額のFRMが費やされ、燃やされることを必要とします。私たちの製品ラインはKudi Exchangeと呼ばれるライブフィアゲートウェイと支払いアプリを含みます。 Kudi Exchangeはデジタル通貨を売買するための高速で低コストのプラットフォームであり、革新的なピアツーピア支払いアプリと組み合わせてユーザーが銀行の仲介者なしで即座に法定通貨を送ることを可能にします。それはまた、USドルで支えられたステーブル硬貨へのアクセス権を持つ、西アフリカで最初の法定通貨から仮想通貨への交換です。当社の非保管暗号財布であるUniFyre Walletは、取引相手のリスクなしにあらゆるデジタル資産を取引することを可能にし、リスクフリーのOTC取引、インスタントマーケット取引、偶発的な損失を防ぐための安全機能などの革新的な機能を提供します。後の残りの製品にも紹介します:高速クロスチェーンの分散型取引所と、オフラインのAndroid携帯で動作する低コストのコールドウォレットアプリケーションなど。ミリ秒単位でビットコインを送信し、高速の相互運用性ネットワークを介して任意のアセットをピアツーピアで交換したり、仲介者なしでデジタルフィアットを送信したりすることを想像してみてください。それはすべてFerrum Networkで可能です。

チーム すべてを見る

Naiem Yeganeh
Naiem Yeganeh
Founder & CEO
Ian Friend
Ian Friend
Co-Founder, COO
Erik Powers
Erik Powers
Financial strategist
Dominik Swierkot
Dominik Swierkot
Head of Marketing
Hadjar Homaei
Hadjar Homaei
Senior Engineer
Afshin Abadi
Afshin Abadi
Quantitative Data Scientist

人気STO/ICO記事

  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • コイン相場アプリで仮想通貨をウォッチリストに追加する方法3つ

    コイン相場ユーザーの皆様、コイン相場のウォッチリストから仮想通貨を追加する方法が3つもあるということをご存知ですか?気になる仮想通貨をどういった方法で追加するかはユーザー様次第ですが、状況によって効率よく追加する方法を考え、追加を簡単にお試しください。コイン追加・削除(編集)の画面で編集していたけど、追加したい仮想通貨がある場合は以下のような手順で簡単に追加できます。<ins></ins>ウォッチリストを見ていた際に、追加したい仮想通貨がある場合は以下の手順が効率がいいですのでお試しください。<ins></ins>銘柄の名前を覚えていないが確かにあの取引所にあったな見たらすぐ思い出せると思った
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、