IZIChain - 資本接続のためのグローバルブロックチェーンプラットフォーム

IZIChainは、パブリックハイブリッドブロックチェーンハイパーリンクプラットフォームであり、ソーシャルおよびリアルライフアプリケーションを備えた金融市場向けのブロックチェーンカスタムソリューションを提供します。 IZIChainは、ユーザーがスマートコンタクトを交わし、AIやビッグデータの仕組みを介してスマートコントラクトの完了に参加し、資産デジタル化、デジタル資産取引、ローン提供や取引などのブロックチェーンを利用した金融アプリケーションを運用することを可能にします。 IZIChainのブロックチェーンプラットフォーム上でスタンドアロンの金融アプリケーションを提供します。 IZIChainのアプリケーション:IZIChainのブロックチェーンプラットフォーム上で金融資産と実際の資産のデジタル化によって、IZIChainは金融市場を根本に変えます。

ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
IZI
開始日時
2018-11-01
終了日時
2019-01-29
最低目標
4,000 ETH
最高目標
24,000 ETH
初回価格
1 IZI = 0.1 USD
トークン供給数
625,000,000
公式サイトへ Owner of IZIChain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others, ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

デジタル取引所

デジタル資産の相互取引の必要性を持つユーザーを対象とし、迅速で非利益のピアツーピア取引を可能にします。

リアル取引所

規制資産およびデジタル資産、購入、広告の相互取引の必要を持つユーザー向け

デジタルバンキング

ピアツーピアの貸出構造に基づいて、入金または資金調達の必要があるユーザーを対象としています。

ICOプラットフォーム

会員カード、共有などの目的で通知コードを作成する必要があるユーザー向け

Talk P2P

ユーザー間の対応を強化し、価格交渉、ディスカッション、コラボレーションなどの問題に対処します。

チーム すべてを見る

Do Cao Bao
Do Cao Bao
Technology Advisor
Nguyen Doan Hung
Nguyen Doan Hung
Strategic Advisor
Phan Dung Khanh
Phan Dung Khanh
Investment Advisor
Nguyen Manh Hung
Nguyen Manh Hung
Blockchain Advisor
Hakim Nguyen
Hakim Nguyen
Founder & CEO
Herry Vu
Herry Vu
CTO

人気ICO記事

  • 12月14日早稲田大学にて、東京2018ブロックチェーンカンファレンスが開催

    2018年12月10日14時から早稲田大学にてブロックチェーンの動向、スタートアップとキャリアについて語る東京 2018 ブロックチェーンカンファレンスが開催されます。1000円割引になるクーポンコードと合わせてのご案内です。1. 社会人 カンファレンスのみ参加 [WBVIP1000] 2. 社会人 カンファレンス& 懇親会 [WBDVIP3000]  13:30 - 14:00 受付 14:00 - 14:10 開会挨拶 - 早稲田大学教授・朝日透 14:10 - 14:15 スピーカー紹介 14:15 - 15:10 ブロックチェーン業界トレンド 15:10 - 15:2
  • CHAIN PLUS+が韓国でブロックチェーンサミットを開催

    ![](https://www.coinjinja.com//files/upload/blog/201811/chainus/3-min.jpg)人口5,000万人を抱える韓国は、ブロックチェーンと仮想通貨分野で世界で最も活発な市場の1つです。仮想通貨の全国的な盛り上がりから、さまざまな韓国のトップ企業はブロックチェーン市場を加速化させようとしています。韓国で最も人気のあるSNSを運営しているカカオトークグループがUpbitに投資し、カカオブロックチェーンラボを設立しました。日本でもよく知られているゲーム業界の大手Nexonは仮想通貨取引所をKorbitを買収しました。また、Samsungは
  • ウィジェットが更に進化!「コイン相場」開発週報 Vol.22

    先週は細かい修正に注力しました。是非ダウンロードしてください!それと同時に新しいUI設計も進めております。同期の進行状況が分かるグラフを表示しました。値上がり時は緑字、値下がり時は赤字で価格が表示されるようになりました。これで価格の上下が一瞬で分かるようになります。韓国でもAirDropQを開催すべく対応作業中です。デザインチームが先週の金曜、新しい案を発表しました。こちらもご期待ください。