IZIChain - 資本接続のためのグローバルブロックチェーンプラットフォーム

IZIChainは、パブリックハイブリッドブロックチェーンハイパーリンクプラットフォームであり、ソーシャルおよびリアルライフアプリケーションを備えた金融市場向けのブロックチェーンカスタムソリューションを提供します。 IZIChainは、ユーザーがスマートコンタクトを交わし、AIやビッグデータの仕組みを介してスマートコントラクトの完了に参加し、資産デジタル化、デジタル資産取引、ローン提供や取引などのブロックチェーンを利用した金融アプリケーションを運用することを可能にします。 IZIChainのブロックチェーンプラットフォーム上でスタンドアロンの金融アプリケーションを提供します。 IZIChainのアプリケーション:IZIChainのブロックチェーンプラットフォーム上で金融資産と実際の資産のデジタル化によって、IZIChainは金融市場を根本に変えます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
IZI
開始日時
2018-11-01
終了日時
2019-01-29
最低目標
4,000 ETH
最高目標
24,000 ETH
初回価格
1 IZI = 0.1 USD
トークン供給数
625,000,000
公式サイトへ Owner of IZIChain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others, ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

デジタル取引所

デジタル資産の相互取引の必要性を持つユーザーを対象とし、迅速で非利益のピアツーピア取引を可能にします。

リアル取引所

規制資産およびデジタル資産、購入、広告の相互取引の必要を持つユーザー向け

デジタルバンキング

ピアツーピアの貸出構造に基づいて、入金または資金調達の必要があるユーザーを対象としています。

ICOプラットフォーム

会員カード、共有などの目的で通知コードを作成する必要があるユーザー向け

Talk P2P

ユーザー間の対応を強化し、価格交渉、ディスカッション、コラボレーションなどの問題に対処します。

チーム すべてを見る

Do Cao Bao
Do Cao Bao
Technology Advisor
Nguyen Doan Hung
Nguyen Doan Hung
Strategic Advisor
Phan Dung Khanh
Phan Dung Khanh
Investment Advisor
Nguyen Manh Hung
Nguyen Manh Hung
Blockchain Advisor
Hakim Nguyen
Hakim Nguyen
Founder & CEO
Herry Vu
Herry Vu
CTO

人気STO/ICO記事

  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

    9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は