Stealthcrypto - 分散型インフラ

StealthCrypto®ユーティリティトークンは、StealthCrypto®システムのネイティブ仮想通貨です。 トークンの販売で集まった資金は、StealthCrypto®エコシステムとStealthCrypto Cloud®の製品を開発し、有効化し、購入するために使用されます。 StealthCrypto®トークンの値は、Stealth Grid™の開発と市場の需要に完全に依存します。

ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
QMN
最高目標
100,000,000 USD
初回価格
1 QMN = 0.50 USD
トークン供給数
200,000,000
公式サイトへ Owner of Stealthcrypto?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

StealthCrypto®は、次世代の分散型ブロックチェーンセキュリティ技術を使用してデータを保護するための経験と専門知識を備えており、進化する脅威環境に出現する挑戦を対応します。 長期データ保護のための当社の高性能ネットワークQuantumキーと量子鍵配布。StealthCrypto®は特許取得済みのStealthCrypto®で、クラウドストレージ、IoT、および通信をより安全に、より高速化します。

チーム すべてを見る

Larry Castro
Larry Castro
Chief Executive Officer
William Eilers
William Eilers
Executive Vice President And General Counsel
Jay Dills
Jay Dills
CIO And VP For Engineering
Darin Andersen
Darin Andersen
Chief Operating Officer
Jorge Andres Ramos Eguinoa
Jorge Andres Ramos Eguinoa
Development Team Project Leader / Software Architect
James Scott
James Scott
Development Team Security Architect

人気ICO記事

  • エンジニア勉強会を開催しました!「コイン相場」開発週報 Vol.25

    世の中はすっかり年末ムードですね!飲み会三昧で体調は崩していませんか??かくいうCOINJINJAはというと、今日はみんなで忘年会です!余談ですが中国語の「乾杯(カンペイ)」はグラスを空にするまで飲み干すという意味だそうです。(気をつけましょうw)説明会はホントに最初だけで、メインコンテンツは実際に動かしてみる所。弊社のCEO徐楽楽が、その場でコードを書いて、一応公開する所まで1時間弱でいきました。エンジニアの方からすると簡単に出来そうに見えたようですが、非エンジニアからすると簡単では。。最後には簡単なアイディアソンをやって締め括りとなりました。社内コミュニケーションへのトークン導入や飲み会で
  • 年末年始のお問い合わせについて

    年末年始の株式会社COINJINJAの営業時間に関しまして以下、お知らせいたします。 ・2018年12月27日(木) 営業時間 11:00~16:00・2018年12月28日(金)~ 1月6日(日)・2019年1月7日(月)営業時間 11:00~16:00お問い合わせ休業期間中も通常通りご利用いただけます。休業期間中にいただいたお問い合わせは、年始営業開始日 1月7日(月)から順次ご返答させていただきます。あらかじめ、ご了承いただきますようお願いいたします。引き続きコイン相場をよろしくお願いいたします。
  • ブロックチェーンのオンライン学習サービス「EnterChain」がスタート

    ブロックチェーン技術の教育、ブロックチェーン・AIの導入コンサルティングを行う株式会社digglue(代表取締役社長:原英之本社:東京都文京区)は、ブロックチェーンのオンライン学習サービス「EnterChain」を2019年2月5日(火)より100名限定で公開いたします。本サービスでは、テキストや図だけでなく実際に操作しながら学ぶことでブロックチェーンの初学者にとってわかりづらい技術を、オンラインであってもわかりやすく学ぶことを支援します。将来、ブロックチェーンの与える社会への潜在的なインパクトは国内外で67兆円※に上ると算出されています。そのため、今後日本国内においてブロックチェーンの知識の