Stealthcrypto - 分散型インフラ

StealthCrypto®ユーティリティトークンは、StealthCrypto®システムのネイティブ仮想通貨です。 トークンの販売で集まった資金は、StealthCrypto®エコシステムとStealthCrypto Cloud®の製品を開発し、有効化し、購入するために使用されます。 StealthCrypto®トークンの値は、Stealth Grid™の開発と市場の需要に完全に依存します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
QMN
最高目標
100,000,000 USD
初回価格
1 QMN = 0.50 USD
トークン供給数
200,000,000
公式サイトへ Owner of Stealthcrypto?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

StealthCrypto®は、次世代の分散型ブロックチェーンセキュリティ技術を使用してデータを保護するための経験と専門知識を備えており、進化する脅威環境に出現する挑戦を対応します。 長期データ保護のための当社の高性能ネットワークQuantumキーと量子鍵配布。StealthCrypto®は特許取得済みのStealthCrypto®で、クラウドストレージ、IoT、および通信をより安全に、より高速化します。

チーム すべてを見る

Larry Castro
Larry Castro
Chief Executive Officer
William Eilers
William Eilers
Executive Vice President And General Counsel
Jay Dills
Jay Dills
CIO And VP For Engineering
Darin Andersen
Darin Andersen
Chief Operating Officer
Jorge Andres Ramos Eguinoa
Jorge Andres Ramos Eguinoa
Development Team Project Leader / Software Architect
James Scott
James Scott
Development Team Security Architect

人気STO/ICO記事

  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株