Stealthcrypto - 分散型インフラ

StealthCrypto®ユーティリティトークンは、StealthCrypto®システムのネイティブ仮想通貨です。 トークンの販売で集まった資金は、StealthCrypto®エコシステムとStealthCrypto Cloud®の製品を開発し、有効化し、購入するために使用されます。 StealthCrypto®トークンの値は、Stealth Grid™の開発と市場の需要に完全に依存します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
QMN
最高目標
100,000,000 USD
初回価格
1 QMN = 0.50 USD
トークン供給数
200,000,000
公式サイトへ Owner of Stealthcrypto?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

StealthCrypto®は、次世代の分散型ブロックチェーンセキュリティ技術を使用してデータを保護するための経験と専門知識を備えており、進化する脅威環境に出現する挑戦を対応します。 長期データ保護のための当社の高性能ネットワークQuantumキーと量子鍵配布。StealthCrypto®は特許取得済みのStealthCrypto®で、クラウドストレージ、IoT、および通信をより安全に、より高速化します。

チーム すべてを見る

Larry Castro
Larry Castro
Chief Executive Officer
William Eilers
William Eilers
Executive Vice President And General Counsel
Jay Dills
Jay Dills
CIO And VP For Engineering
Darin Andersen
Darin Andersen
Chief Operating Officer
Jorge Andres Ramos Eguinoa
Jorge Andres Ramos Eguinoa
Development Team Project Leader / Software Architect
James Scott
James Scott
Development Team Security Architect

人気STO/ICO記事

  • 【中級・上級者向け】仮想通貨トレードの機会損失を防ぐ「Proアラート」リリース

    仮想通貨アプリ・コイン相場がついに有料会員制度・プレミアム会員をリリースしました!その中でも一番の目玉の機能はです。Proアラートとは、簡単にいうと価格アラートの上位互換版です。これまでの価格変動アラートに加えて、やを、コイン相場のPUSH通知でユーザーの皆様にお知らせする機能です。常にチャートに張り付いてトレードをしている方でも、多くの通貨ペアを同時に追い続けるの、苦しく無いですか?その点、Proアラートでは対応している取引所の全ての通貨ペアの分析をし、重要な局面の時だけ、ユーザーに教えてくれます。Proアラートがあれば、、、これで、これまで取りこぼしていたチャンスも、拾うことができた
  • コインチェックを投資初心者におすすめする理由! 仮想通貨取引所Coincheckを解説

    (国内取引所の平均は約6種類)ビットコイン等の主要仮想通貨はもちろん、人気の高いイーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、モナ(MONA)の売買も可能です。仮想通貨取引所といえば、専門用語が多く、投資経験者向けの機能を揃えたものが多いですが、Coincheckのアプリはを追求しており、と評判が高いです。 であるCoincheckは管理体制も盤石です。基本的なセキュリティー対策は勿論、徹底したシステム監査により情報システムの信頼性、安全性、効率性を担保しています。[ : BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、ETC、MONA、LSK、FCT : 無料 : 成行注文、指
  • ボリンジャーバンドとその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。ボリンジャーバンド(BOLL)はチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。米国の金融アナリストで投資研究家のジョン・ボリンジャーが考案したことから、この名が付いています。1983年に考案され2011年に商標権が取得されました。ボリンジャーバンドは株価が移動平均線を中心に一定の範囲(標準偏差)の中で動くという前提で開発されました。ボリンジャーバンドは合わせて3つ