Stealthcrypto - 分散型インフラ

StealthCrypto®ユーティリティトークンは、StealthCrypto®システムのネイティブ仮想通貨です。 トークンの販売で集まった資金は、StealthCrypto®エコシステムとStealthCrypto Cloud®の製品を開発し、有効化し、購入するために使用されます。 StealthCrypto®トークンの値は、Stealth Grid™の開発と市場の需要に完全に依存します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
QMN
最高目標
100,000,000 USD
初回価格
1 QMN = 0.50 USD
トークン供給数
200,000,000
公式サイトへ Owner of Stealthcrypto?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

StealthCrypto®は、次世代の分散型ブロックチェーンセキュリティ技術を使用してデータを保護するための経験と専門知識を備えており、進化する脅威環境に出現する挑戦を対応します。 長期データ保護のための当社の高性能ネットワークQuantumキーと量子鍵配布。StealthCrypto®は特許取得済みのStealthCrypto®で、クラウドストレージ、IoT、および通信をより安全に、より高速化します。

チーム すべてを見る

Larry Castro
Larry Castro
Chief Executive Officer
William Eilers
William Eilers
Executive Vice President And General Counsel
Jay Dills
Jay Dills
CIO And VP For Engineering
Darin Andersen
Darin Andersen
Chief Operating Officer
Jorge Andres Ramos Eguinoa
Jorge Andres Ramos Eguinoa
Development Team Project Leader / Software Architect
James Scott
James Scott
Development Team Security Architect

人気STO/ICO記事

  • 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴まとめ!メリット・口コミ

    [✅【最短】クイック本人確認で最短で即日取引が可能仮想通貨取引をする為には、KYC(本人確認)が必ず必要です。多くの他取引所では「はがき受取で本人確認」を行うため、取引までは約1週間ほどの時間がかかります。しかし、bitFlyerではスマホで本人確認手続きが完結するので最短で、即日取引が可能です。(はがき受取も可)✅【便利】初心者でも使いやすいシンプルな画面で、初心者でも簡単に操作できる販売所形式を採用しており、銘柄を選択し数量を入れるだけで売買が成立します。販売所の手数料は無料となっているが、スプレッドで見えない手数料がとられるため、頻繁に取引をする投資家は注意が必要!✅【信頼】信頼性の高い
  • ふるさと納税でビットコインを無料でゲットしよう!

    ビットコインが欲しいけど、相場変動が激しく絶対に溶かしてしまう気がするから買うのはやめよう!という方に朗報です。Coinpoinを通じ、ふるさと納税を行うと商品を買うことでビットコインが無料で手に入ります!ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄附(商品の購入)をすることで、所得税や住民税の還付・控除が受けられる制度のことです。多くの自治体では地域経済活性化のために、色々な商品を用意しています!ふるさと納税に関するより詳しい情報・寄附可能額を調べるには以下の順番でお進みください。「でビットコインを貯める」→「詳細内容確認」→「商品購入」この順番でアクセスし、商品を購入することで記録(ログ)が残
  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規