Scruge - もうICO詐欺はありません

Scrugeは、トークン化クラウドファンディングのDAOです。 予測市場別に分散型の安定した暗号通貨とガバナンスを使用して、クラウドセールスを実施するための透明で分散型のメカニズムを提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BUIDL
開始日時
2019-04-01
終了日時
2019-05-30
最低目標
120,000 USD
最高目標
240,000 USD
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
20,000,000
公式サイトへ Owner of Scruge?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEOS
タイプEOS
参加可能通貨Others
供給率8%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

資金調達市場は壊れています。これまでにないレベルの偏見と分離が何年も前から続いていたため、非富裕層が初期段階の事業に投資する機会を否定し、過小評価された背景や地域の創設者が資金を調達することを極めて困難にしました。結果として、新しい富の創造は民営化され、少数によって制御され、富と他の人々との間のギャップをさらに広げました。近年、暗号トークンの発行と販売による暗号プロジェクトのクラウドファンディングの革新的な方法が登場しました。しかしながら、それは詐欺行為者によってひどく悪用されてきており、さらに、そのようなトークンセールスへの参加のプロセスは煩雑であり、そしてユーザにとって全く好都合ではなかった。この問題に対処するために双方向の解決策を提案します。 1つ目はBIDLing Economyです。これはEOSブロックチェーン上に構築された分散プロトコルで、暗号化ベンチャーのために資金を調達し、他の企業に投資することを可能にします。官僚主義をスマートコントラクト、コミュニティ所有の暗号通貨と分散型のステーブルコインを使った独自の支払いシステムに取って代わるBIDLing Economyは、誰でも無料でクラス最高の詐欺防止を受けながら新しい富の創造に参加できるようにします。 2つ目のソリューションは、Scrugeと呼ばれるクラウドファンディングのモバイルアプリです。これは、主流のユーザーがブロックチェーンと暗号通貨の背後にある複雑さの大部分を抽象化することでトークンオファリングに参加できるようにすることでBIDLing Economyへの架け橋として機能します。分散型プロトコルと使いやすいモバイルアプリケーションの2つのソリューションが、トークン製品の安全性と透明性を高め、最終的に資金調達の展望を変え、公正で透明性の高い、個人所有のグローバル経済を実現することを目指しています。そして人々によって支配されています。

チーム

Dmitry Morozov
Dmitry Morozov
Founder
Sergey Moskalenko
Sergey Moskalenko
System Architect
Yaroslav Erohin
Yaroslav Erohin
Lead Developer

人気STO/ICO記事

  • 【7/13】世界ニュースまとめ - 財務省・金融庁・日銀がリブラの連絡会を設置か、個人情報流出のFacebookに制裁金5,400億円、バイナンスCEO「個人投資家の比率6割以上」、相場の主導は個人投資家

    暗号資産専門メディアCoinpostの報道で財務省・金融庁・日銀が共同で「リブラ」に関する連絡会を設置したことが分かった。リブラは20億人のFacebookユーザーを中心に急激な普及が予想されるが、マネーロンダリングや既存の金融システムに影響などの不透明な部分が多いため、必要に応じ会合を開き、対策などのさまざまな論点について議論する予定だ。参照元:<ins></ins>ブルームバーグによると13日(現地時間)バイナンスCEOは同メディアとのインタビューで、「今年の仮想通貨の価格上昇は機関投資家の参入の結果だという見方もあるが、バイナンスの取引高は約60%が個人投資家によるものだ」と述べ、ビッ
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・