Pledgecamp - 次世代クラウドファンディング

Pledgecampは、次世代クラウドファンディングの分散型エコシステム、サービスのマーケットネットワーク、および情報のナレッジセンターです。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
PLG
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
20,000,000 USD
初回価格
0.0001 USD
トークン供給数
300,000,000
公式サイトへ Owner of Pledgecamp?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率20%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Pledgecampを利用すると、ブロックチェーンを使用したセキュリティとトークンのインセンティブにより、ユーザーは安心して投資することができます。

  • バカーは資金を守る分散エスクローメカニズムを獲得します。
  • クリエイターは幅広いプロジェクトサポートと低いプラットフォーム料を受け取ります。
  • プラットフォームユーザーは、プラットフォームの成功を手助けるためトークンの報酬を得られます。

透明度

あなたの信頼を得るために、信頼できるプロジェクト作成者が保証金を預け、KYCを行います。

Pledgecampは、スマートコントラクトによる説明責任と透明性の導入、および包括的で価値のあるトークンエコノミーによるユーザーの利益と一致することによって、クラウドファンディングにおける長年の問題を解決します。

バカー保険

バカー保険はPledgecampに特有のセキュリティ機能で、バカーに彼らの貢献の使用を監視する権限を与えることによって説明責任を強制します。 スマートコントラクトでは、一定の割合のキャンペーン資金を預託し、プロジェクトのマイルストーンが達成されると、作成者にリリースされます。 マイルストーンは資金が調達される前に定義されるので、作成者とバカーの間の期待は最初から明らかになります。

キャンペーンデポジット

Pledgecampで新しいキャンペーンを開始する前に、作成者はリストの前に返金可能な保証金を置かなければなりません。キャンペーンデポジットは、ネットワーク上のスパムに対する罰金を生じし、プロジェクトをプロモートしながら、クリエイターが透明性を高めるように奨励します。

キャンペーンデポジットは、作成者がビジネス登録文書、身分証明、契約の証明、知的財産登録、コードレポジトリ、身元保証人のアップロード、またはライブビデオで質問への回答を含むがこれらに限定されない十分な「透明性タスク」を実行すれば全額返金されます。各アクションは、全額返金されるまで、一定量のデポジットを返金します。

分散化

最終的に、Pledgecampの目的はインセンティブを調整し、オープンで分散型のイノベーションモデルを作成することです。 クラウドファンディングでは、最も価値のあるリソースは、スキル、知識、そしてつながりのすべてを含むクラウド自体です。 Pledgecampは、私たちが「スマートクラウド」と呼ぶものを可能にしようと努力しています。スマートクラウドは、エコシステムに金銭的価値以上のものを貢献する権限を与えられたユーザー基盤です。

プレッジキャンプエコシステム

マーケットネットワークとナレッジセンターがPledgecampエコシステムを完成させます。

マーケットネットワーク

マーケットネットワークは、クリエイターが彼らのプロジェクトに専門家を雇うことができるサービスの分散型市場です。 マーケットネットワークを使用すると、信頼と支払いに関して、作成者とベンダーの両方に大きな利点があります。各プロジェクトはユニークであるため、サービスプロバイダーとクライアントの間の具体的な適合は非常に重要であり、焦点は複雑なプロジェクトにめぐる長期的な関係を築くことです。 これには、ソーシャルネットワークの機能を発揮する市場、つまり「マーケットネットワーク」が必要です。

知識センター

知識センターは、起業家精神、製品開発、クラウドファンディングに関連しているため、特にクラウドの専門知識をカタログ化します。情報へのアクセスは成功と失敗の間の違いであることが多く、現在クラウドファンディングの知識のためのフォーラムとデータベースを提供する明確な市場リーダーはいません。

このセクションは主に質疑応答のためのフォーラムと検索可能なデータベースから成ります。 情報は、一般的なクラウドファンディングクエリから特定のプロジェクトレベルの質問まで多岐にわたります。 Smart Crowdのメンバーは質問に答え、自分の評判を構築する機会を与えられ、あるいはもし提供されればトークンでさえ報われます。

トークン経済

Pledge Coins(PLG)とCamp Shares(CS)が関与するツートークンエコノミーは、Pledgecampエコシステムを強化します。 このトークンエコノミーの設計では、ステーブルトークン値を交換媒体として使用し、プラットフォームの長期的な健全性に向け協力するように分散型ユーザーベースを奨励します。

Pledgeコイン(PLG)

Pledgeコインは、プラットフォームの重要な機能を可能にする公共のイーサリアムブロックチェーン上のERC20トークンです。

Camp Share(CS)

Camp Shareは、ユーザーがモデレータステータスを達成し、プラットフォームによって収集されたリスティング料金から報酬を得ることを可能にする非交換トークンです。CSを取得するためにPLGを使用することは、CSの需要が増加するにつれて循環PLG供給を効果的に減らすことによって、「シンク」として機能します。

アカウンタビリティ

スマートコントラクトは預託金を確保し、支援者が約束された期限を監視および検証することを可能にします。

共同制作

プロジェクトを助け、報酬を稼ぎましょう。 トークンインセンティブはスマートクラウドに資金以上の貢献をする力を与えます。

加速

Pledgecampエコシステムは、プロジェクト作成者が成功するために必要な幅広いリソースを提供します。

ロードマップ

2019 Q1

  • MetaLabによる高度なワイヤフレーム配信
  • Mousebeltで最終的なプラットフォーム実装を始める

2019年第2四半期

  • MetaLabによるUX / UIの最終配信
  • Market Network&知識センターのベータ実装

2019年第3四半期

  • ウェブサイトUI実装プラットフォームバックエンド
  • スマートコントラクトMVPの実装

2019年第4四半期

  • フルプラットフォームの公開

チーム すべてを見る

Jae Choi
Jae Choi
CEO
Eddie Lee
Eddie Lee
President
Sam Pullman
Sam Pullman
CTO
John Fitzpatrick
John Fitzpatrick
Blockchain Engineer
Thomas Leupp
Thomas Leupp
Frontend
William Starr
William Starr
Smart Contracts

人気STO/ICO記事

  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi
  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ