Coinchase - ブロックチェーンクラウドファンディングプログラム

Coinchaseは世界をリードするコミュニティ中心のブロックチェーンクラウドファンディングプラットフォームです。ブロックチェーンプロジェクトとプラットフォームユーザー間のコミュニティ構築、ソーシャルインタラクション、パブリックセールスを推進し、プラットフォームトークンであるCCHトークンを通じて世界中に「参加報酬」を提供します。 Coinchaseへの参加を促す重要な鍵は、両当事者がコンセンサスに達するようにインセンティブを与えることです。Coinchaseの目標は、ユーザーが高品質のブロックチェーンプロジェクトでコンセンサスに到達できるようにすることです。 コンセンサスは、トークンエコシステムの核心です。C2C Tradingの導入により、トークンの流動性が大幅に向上し、より多くの人々がエコシステムに加わることになります。 プロジェクトのコンセンサスを拡大することは、最終的にプロジェクトのトークンの価値を高めることにつながります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CCH
開始日時
2018-11-26
終了日時
2019-05-26
最低目標
400 ETH
最高目標
41,900 ETH
初回価格
1ETH=40000CCH
トークン供給数
2,000,000,000
公式サイトへ Owner of Coinchase?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率20%
KYCKYC
参加不可地域Exclude US and Chinese citizens
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Round 1 - 30% discount

概要

Coinchaseは、地域密着型のブロックチェーンのクラウドファンディング・プラットフォームです。 ブロックチェーンプロジェクトとプラットフォームユーザー間のコミュニティ構築、ソーシャルインタラクション、パブリックセールスを推進し、プラットフォームトークンであるCCHトークンを通じて世界中に「参加報酬」を提供しています。Coinchaseへの参加を促す重要な鍵は、両当事者にコンセンサスに達するようインセンティブを与えることです。

チーム すべてを見る

Yang He
Yang He
CEO
Xin Yang
Xin Yang
CTO
Daniel Rufini
Daniel Rufini
CMO
Zhangxu Zheng
Zhangxu Zheng
Marketing Director
Xin Yan
Xin Yan
Backend Engineer
Liu Jie
Liu Jie
Frontend Engineer

人気STO/ICO記事

  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)
  • 韓国のIT業界4名、不特定の人事担当者のPCに侵入しMoneroをマイニング・・懲役が下される

    韓国の現地メディアKBSによると、IT業界で働いていた4名が2017年10月から12月までの2か月にわたり、韓国企業の人事担当者のPCに侵入し、時価総額10位のモネロをマイニングした疑いで逮捕された。フリーランスプログラマー、ショッピングモールを運営している4名は、2017年9月、注目を浴びていた仮想通貨を利用し、情報通信技術の盲点を狙い犯行を行った。仮想通貨で金銭的な利益を得るには、マイニングをするか、取引で利益を得る2つの方法がある。彼らはこの中で、マイニングを選んだ。通常マイニングを事業化するには、数百台のパソコンを用意する必要があるが、彼らはインターネットに接続された不特定多数のPCに
  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調