Coinchase - ブロックチェーンクラウドファンディングプログラム

Coinchaseは世界をリードするコミュニティ中心のブロックチェーンクラウドファンディングプラットフォームです。ブロックチェーンプロジェクトとプラットフォームユーザー間のコミュニティ構築、ソーシャルインタラクション、パブリックセールスを推進し、プラットフォームトークンであるCCHトークンを通じて世界中に「参加報酬」を提供します。 Coinchaseへの参加を促す重要な鍵は、両当事者がコンセンサスに達するようにインセンティブを与えることです。Coinchaseの目標は、ユーザーが高品質のブロックチェーンプロジェクトでコンセンサスに到達できるようにすることです。 コンセンサスは、トークンエコシステムの核心です。C2C Tradingの導入により、トークンの流動性が大幅に向上し、より多くの人々がエコシステムに加わることになります。 プロジェクトのコンセンサスを拡大することは、最終的にプロジェクトのトークンの価値を高めることにつながります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CCH
開始日時
2018-11-26
終了日時
2019-05-26
最低目標
400 ETH
最高目標
41,900 ETH
初回価格
1ETH=40000CCH
トークン供給数
2,000,000,000
公式サイトへ Owner of Coinchase?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率20%
KYCKYC
参加不可地域Exclude US and Chinese citizens
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Round 1 - 30% discount

概要

Coinchaseは、地域密着型のブロックチェーンのクラウドファンディング・プラットフォームです。 ブロックチェーンプロジェクトとプラットフォームユーザー間のコミュニティ構築、ソーシャルインタラクション、パブリックセールスを推進し、プラットフォームトークンであるCCHトークンを通じて世界中に「参加報酬」を提供しています。Coinchaseへの参加を促す重要な鍵は、両当事者にコンセンサスに達するようインセンティブを与えることです。

チーム すべてを見る

Yang He
Yang He
CEO
Xin Yang
Xin Yang
CTO
Daniel Rufini
Daniel Rufini
CMO
Zhangxu Zheng
Zhangxu Zheng
Marketing Director
Xin Yan
Xin Yan
Backend Engineer
Liu Jie
Liu Jie
Frontend Engineer

人気STO/ICO記事

  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規
  • ノアシティ-分権国家の夢の実現

    新たな分散型経済を支持する人にとっての究極の夢は、ブロックチェーン技術の基本原則にのっとって運営される国家に居住することです。すなわち、民主主義、権力分配と分権、コンセンサスによる意思決定、デジタル自治といった原則です。この夢はノアシティによって現実になろうとしています。ノアプロジェクトは長期にわたって暗号資産市場に存在し続けています。最近、ノアプロジェクトはと提携して、ノアがその構築を目指すエコシステム全体をホストするための新ブロックチェーンの開発を進めています。Platinum Q DAOエンジニアリングが関わる別のプロジェクトが、です。これは分散型ネットワーク上で運営され、その分散型
  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ