Coinchase - ブロックチェーンクラウドファンディングプログラム

Coinchaseは世界をリードするコミュニティ中心のブロックチェーンクラウドファンディングプラットフォームです。ブロックチェーンプロジェクトとプラットフォームユーザー間のコミュニティ構築、ソーシャルインタラクション、パブリックセールスを推進し、プラットフォームトークンであるCCHトークンを通じて世界中に「参加報酬」を提供します。 Coinchaseへの参加を促す重要な鍵は、両当事者がコンセンサスに達するようにインセンティブを与えることです。Coinchaseの目標は、ユーザーが高品質のブロックチェーンプロジェクトでコンセンサスに到達できるようにすることです。 コンセンサスは、トークンエコシステムの核心です。C2C Tradingの導入により、トークンの流動性が大幅に向上し、より多くの人々がエコシステムに加わることになります。 プロジェクトのコンセンサスを拡大することは、最終的にプロジェクトのトークンの価値を高めることにつながります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CCH
開始日時
2018-11-26
終了日時
2019-05-26
最低目標
400 ETH
最高目標
41,900 ETH
初回価格
1ETH=40000CCH
トークン供給数
2,000,000,000
公式サイトへ Owner of Coinchase?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率20%
KYCKYC
参加不可地域Exclude US and Chinese citizens
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Round 1 - 30% discount

概要

Coinchaseは、地域密着型のブロックチェーンのクラウドファンディング・プラットフォームです。 ブロックチェーンプロジェクトとプラットフォームユーザー間のコミュニティ構築、ソーシャルインタラクション、パブリックセールスを推進し、プラットフォームトークンであるCCHトークンを通じて世界中に「参加報酬」を提供しています。Coinchaseへの参加を促す重要な鍵は、両当事者にコンセンサスに達するようインセンティブを与えることです。

チーム すべてを見る

Yang He
Yang He
CEO
Xin Yang
Xin Yang
CTO
Daniel Rufini
Daniel Rufini
CMO
Zhangxu Zheng
Zhangxu Zheng
Marketing Director
Xin Yan
Xin Yan
Backend Engineer
Liu Jie
Liu Jie
Frontend Engineer

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )