Coinchase - ブロックチェーンクラウドファンディングプログラム

Coinchaseは世界をリードするコミュニティ中心のブロックチェーンクラウドファンディングプラットフォームです。ブロックチェーンプロジェクトとプラットフォームユーザー間のコミュニティ構築、ソーシャルインタラクション、パブリックセールスを推進し、プラットフォームトークンであるCCHトークンを通じて世界中に「参加報酬」を提供します。 Coinchaseへの参加を促す重要な鍵は、両当事者がコンセンサスに達するようにインセンティブを与えることです。Coinchaseの目標は、ユーザーが高品質のブロックチェーンプロジェクトでコンセンサスに到達できるようにすることです。 コンセンサスは、トークンエコシステムの核心です。C2C Tradingの導入により、トークンの流動性が大幅に向上し、より多くの人々がエコシステムに加わることになります。 プロジェクトのコンセンサスを拡大することは、最終的にプロジェクトのトークンの価値を高めることにつながります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CCH
開始日時
2018-11-26
終了日時
2019-05-26
最低目標
400 ETH
最高目標
41,900 ETH
初回価格
1ETH=40000CCH
トークン供給数
2,000,000,000
公式サイトへ Owner of Coinchase?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率20%
KYCKYC
参加不可地域Exclude US and Chinese citizens
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Round 1 - 30% discount

概要

Coinchaseは、地域密着型のブロックチェーンのクラウドファンディング・プラットフォームです。 ブロックチェーンプロジェクトとプラットフォームユーザー間のコミュニティ構築、ソーシャルインタラクション、パブリックセールスを推進し、プラットフォームトークンであるCCHトークンを通じて世界中に「参加報酬」を提供しています。Coinchaseへの参加を促す重要な鍵は、両当事者にコンセンサスに達するようインセンティブを与えることです。

チーム すべてを見る

Yang He
Yang He
CEO
Xin Yang
Xin Yang
CTO
Daniel Rufini
Daniel Rufini
CMO
Zhangxu Zheng
Zhangxu Zheng
Marketing Director
Xin Yan
Xin Yan
Backend Engineer
Liu Jie
Liu Jie
Frontend Engineer

人気STO/ICO記事

  • BitMEXのBTC/USDペアー名称変更について

    いつもコイン相場をご利用いただき、誠にありがとうございます。最近、コイン相場アプリ内でBitMEXのチャートが表示されないというお問合せがたくさん届いています。既存のBitMEX取引所にあるBTC/USDペアーはアップデート後、XBT/USDに変更されましたのでBTC/USDペアーを登録していたユーザー様は「XBT/USD」ペアーを再度登録をお願いいたします。また、以下のスクリーンショットを見ると分かりますが、現在XBT/USDの表示にUSDが重複されている状況です。この部分は、正しく修正して参りますのでひとまずXBTUSD/USDでご利用をお願いいたします。もともと、アプリ内でBitMEX取
  • 【最新版】キャンペーン中の仮想通貨取引所まとめ!口座開設でお得にビットコインをGETしよう!

    [FX口座数国内1位のDMMが運営する仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」はトレードサービスが充実!さらにレバレッジ取引の取り扱い数は国内一位!今なら、新規口座開設で1,000円がもらえるキャンペーンを実施中!期間限定のお得なキャンペーン中に口座登録をしよう!✅ レバレッジ取引の取り扱い銘柄数1位 ✅ 上級者も納得! 高機能な取引ツール ✅ 豊富なトレードサービス [[[bitbankは、XRPの取引量が世界有数、MONAの取引高は日本一を誇る取引所です。セキュリティも第三者機関による高い評価を受けるなど、安全面において定評があります。   [[[GMOコインは、
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ