Scienceroot - ブロックチェーンに基づく科学的生態系

資金調達、コラボレーション、発見の発表を達成するための現在のシステムは古く、非効率的です。 Sciencerootは、ブロックチェーン技術の分散力を活用し、現状の最大の問題を解決するために暗号経済学の動機を与えるを目指しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ST
開始日時
2018-07-15
終了日時
2019-02-15
最高目標
500,000 EUR
初回価格
0.0453 USD
トークン供給数
300,000,000
公式サイトへ Owner of Scienceroot?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームWaves
タイプWaves
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, ZEC
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    科学者、研究者、学者のためのソーシャルネットワークプラットフォームとして、仕事を紹介したり、仲間と交流したり、新しいコラボレーションを探したり、解決策を見つけたり、プロジェクトを作成したり管理したりするためのソーシャルネットワークプラットフォームです。すべてがブロックチェーンのスマートコントラクトによって管理されるため、仲介者が排除されます。    LinkedIn、Twitter、Facebookなどのソーシャルメディアプラットフォームの既知の要素をいくつか取り入れます:

    • プロファイルの作成
    • 研究者とその出版物を「いいね」、フォローする
    • 特定の分野の貢献度に基づいてランキングシステムを実装する
    • スキルを裏付ける
    • お気に入りをブックマークする
    • コメントとフィードバックの送信
    • ニュースアイテムとアップデートの共有
    • インセンティブなQ&A

    しかし、最も重要な機能はプラットフォーム全体が依存する潜在的な仮想通貨である。すでに知られているフリーランスプラットフォームと同様に、しかし仲買人なしで、ユーザーは自分の貢献に対して仲間自身に報酬を与え、プロジェクトで作業を委託し、知識を素早く払うことができます。これはスマートコントラクトの助けを借りて達成することができます。

    チーム すべてを見る

    Alexandru Chirita
    Alexandru Chirita
    MSc Co-Founder & Science Lead
    Vlad Günther
    Vlad Günther
    Co-Founder & CEO
    Sven Seemann
    Sven Seemann
    Frontend and Blockchain Developer
    Frederik Huschebeck
    Frederik Huschebeck
    Blockchain developer
    Andrei Kocsef-Roman
    Andrei Kocsef-Roman
    Graphic & UI/UX Design
    Cristian Luchin
    Cristian Luchin
    Project Manager

    人気STO/ICO記事

    • 【7/13】世界ニュースまとめ - 財務省・金融庁・日銀がリブラの連絡会を設置か、個人情報流出のFacebookに制裁金5,400億円、バイナンスCEO「個人投資家の比率6割以上」、相場の主導は個人投資家

      暗号資産専門メディアCoinpostの報道で財務省・金融庁・日銀が共同で「リブラ」に関する連絡会を設置したことが分かった。リブラは20億人のFacebookユーザーを中心に急激な普及が予想されるが、マネーロンダリングや既存の金融システムに影響などの不透明な部分が多いため、必要に応じ会合を開き、対策などのさまざまな論点について議論する予定だ。参照元:<ins></ins>ブルームバーグによると13日(現地時間)バイナンスCEOは同メディアとのインタビューで、「今年の仮想通貨の価格上昇は機関投資家の参入の結果だという見方もあるが、バイナンスの取引高は約60%が個人投資家によるものだ」と述べ、ビッ
    • 【7/16】世界ニュースまとめ - BinanceがKRWベースのステーブルコイン発行可能性、Bitmain社、マイニングマシンのメンテナンス認定コースを正式にリリースなど

      ブロックチェーンメディアCoindesk Koreaが世界最大暗号資産取引所バイナンスが正式に韓国市場に進出する予定であると16日報道した。また、この報道と同時に、韓国現地通貨であるウォンでのステーブルコインの発行も予想されると報じた。同メディアによるとバイナンスは「Binance LLC」という商号で5月16日、韓国で登記を済ませた。Binance LLCの理事はブロックチェーンフィンテック企業の(BXB Inc.)のカン・ジホ氏でBXB社は韓国で最初にステーブルコインを発行した企業。こういった背景のある企業との協業が予想されることやバイナンスのCFOが以前、ほかの法定通貨と連動されたステー
    • 米長官、リブラや暗号資産に「深刻な懸念」 - 米政府の暗号資産に対する立場を分かりやすく整理

      トランプ大統領は11日、ツイッターを通じリブラや暗号資産に関して「信頼できない」と述べ、銀行と同様の厳しい規制を設けるべきだとトランプ氏の発言に加えて、ムニューシン米財務長官は15日、緊急記者会見を通じて、Facebookが計画している「リブラ」に関してマネーロンダリングやテロリストへの資金供与に悪用される可能性が強い「深刻な懸念を持っている」と話すと共に米国の暗号資産に対する立場を公式に表明した。<ins></ins>1. 米、政府は暗号資産が裏で運用されることを防止するために、米国の銀行に暗号資産関連規制を遵守することを要求する。2. 現在、デジタル資産に関する部署が設立され運営されてい