SaTTトークンはイーサリアムスマートコントラクトのトークンであり、トークンは広告主と出版社間の広告取引に使用されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SaTT
開始日時
2018-05-01
終了日時
2019-03-31
最低目標
3,360,000 USD
最高目標
28,560,000 USD
初回価格
0.4200 USD
トークン供給数
68,000,000
公式サイトへ Owner of SaTT?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率34%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre ICO - 100%
  • Step 1 - 50%
  • Step 2 - 30%
  • Step 3 - 20%
  • Step 4 - 10%

概要

SaTTは広告主とコンテンツ編集者の間の取引を瞬時に、透明かつ安全のように変わります! SaTTは、スマートコントラクトで広告取引を容易にするために作成されたERC20トークンです。支払遅れや高価な銀行サービスはいりません。サードパーティのアプリケーションとスマートコントラクトのおかげで、キャンペーンの結果を定量化するための分散型システム。

ソリューション

ブロックチェーンは、データとトランザクションの完全性を保証する分散型データベースです。ブロックチェーンのおかげで、広告主とそのキャンペーンは互いにつながっていません。したがって、すべてハッキングや誤動作の影響を受けることはありません。 Smart Contract SaTTのおかげで、広告とトランザクションは、イーサリアムブロックチェーンによって保護された自立的な存在のモジュールによって管理されます。モジュールまたはOracleの機能不全の場合、他の広告主の広告の整合性は保持されます。

トランザクションコストは、必要に応じて暗号化モジュールとOracleモジュールに分けられます。したがって、最低月額請求はありません。 Oracleモジュール間の競争は、高いレベルのサービスと競争力を保証します。 SaTTを使用することで、達成基準が満たされるとすぐに支払いが即座に行われます。支払いには振込手数料や通貨換算手数料がかかりませんので、業界には大幅なコスト削減がもたらされます。

使い方Smart Contract SaTTを使用すると、広告主はそのパフォーマンス目標に基づいて広告を掲載することができ、Google Analytics、Instagram、Facebook Analyticsのようなインターフェースを使用して広告キャンペーンの進化を追跡することができます。ブロックチェーンのおかげで、サイト運営者はキャンペーンがプロビジョニングされており、広告主が設定した条件や取引で定義されたキャンペーンの終了日を満たすとすぐに支払いを受け取ることが保証されます。 目的が達成されると、スマートコントラクトによって取引が自動的に開始され、指定された資金は、オラクルのモジュールに支払われたコミッションの純額でポートフォリオに直接転送されます。

チーム すべてを見る

Gauthier BROS
Gauthier BROS
CEO
Stéphanie CLEMENT
Stéphanie CLEMENT
CTO
Samir KSIBI
Samir KSIBI
Associate Partner
Geoffrey MOYA
Geoffrey MOYA
Blockchain Expert
Caroline POURCHIER
Caroline POURCHIER
Chief Design / UX Guru
Mohamed BOUHAOUALA
Mohamed BOUHAOUALA
Customer Service

人気STO/ICO記事

  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数
  • みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス発覚・・BTC要求か

    日本経済新聞の報道によると、みずほ銀行は9月4日、決済・送金サービス「J-Coin Pay」(Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。27日に加盟店データが不正アクセスしたものにより、削除され代わりに仮想通貨のビットコイン(BTC)を要求する文言が残されていたとのこと。みずほ銀行は、加盟店の情報が流出した可能性があるが、ユーザー情報などに影響はないと説明した。<ins></ins> Jコインの加盟店である法人(7,930 件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10,539 件)の情報、ならびに J コインに参画いただいている一部金融機関名(32
  • 【簡単】あなたにぴったりの仮想通貨取引所を診断!取引所診断ツールをコイン相場がリリース

    早速試してみたい方はから仮想通貨取引所は、特にここ最近増えて来ました。どの取引所を使えばいいのか、手数料を比較するのも数が多すぎて大変ですよね。面倒だから、今使っている取引所ばっかり使っている人も多いと思いますが、条件等も変わっている中で、本当に自分の投資スタイルに合っているのか自信がありますか?Googleで検索して、色んな記事を読んで比較してもどこが自分にあっているのか、どこがいいのか、さっぱり分からない。。取引所関連の記事はいっぱいあるけれど、アフィリエイト報酬が高い順で並んでいるだけという事も多いですよね。判断に困る、比較するのが手間だという方々のために国内最大の仮想通貨アプリ、コイ