HYGH - 広告の未来

HYGHは、パブリックディスプレイの所有者と広告主をピアツーピアで繋がります。 HYGHプラットフォームは、広告能力や企業規模に関係なく、すべての人が広告主になることを可能にします。 私たちの使いやすいアプリは、どんな画面でも非常に柔軟な広告スペースに変えます。コンビニのレンジにあるタブレット、小さな店の窓にあるテレビ、またはタイムズスクエアのプロの屋外広告看板です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HYGH
開始日時
2019-01-07
終了日時
2019-12-07
最高目標
23,875,000 USD
初回価格
0.0500 USD
トークン供給数
600,000,000
公式サイトへ Owner of HYGH?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

私たちの使命は、社会がどのように私たちの街で広告を扱うかを再定義することです。 誰がインフラストラクチャを提供すべきですか? 誰が宣伝すべきですか? 現在のところ、デジタル外出広告(DOOH)の市場は、動きが遅く、集中型で、柔軟性に欠けており、中小企業(SME)にとっては手が届きにくいものです。 私たちの目的は、太陽が輝き始めたときに地元の自転車レンタル屋が街の向かいのドラッグストアで広告を出せる使いやすい標準を確立することです。

私たちは、現状を改善し、広告業界を民主化するという課題を自らに課しました。 単純なHYGHプラットフォームでは、受動的な収入を生み出し、カスタム広告キャンペーンを実行することが新しい常識となります。 広告の掲載に必要な時間を数ヶ月から数秒に短縮することで、HYGHはダイナミックなリアルタイム広告のための新たな世界市場を開拓します。

チーム すべてを見る

Vincent Müller
Vincent Müller
Chief Executive Officer
Fritz Frey
Fritz Frey
Chief Operating Officer
Antonius Link
Antonius Link
Chief Visionary Officer
Juergen Specht
Juergen Specht
Chief Technology Officer
Stefan Herkt
Stefan Herkt
Lead Software Developer
Vvacheslav Bavdiko
Vvacheslav Bavdiko
Lead Frontend Developer

人気STO/ICO記事

  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ