HYGHは、パブリックディスプレイの所有者と広告主をピアツーピアで繋がります。 HYGHプラットフォームは、広告能力や企業規模に関係なく、すべての人が広告主になることを可能にします。 私たちの使いやすいアプリは、どんな画面でも非常に柔軟な広告スペースに変えます。コンビニのレンジにあるタブレット、小さな店の窓にあるテレビ、またはタイムズスクエアのプロの屋外広告看板です。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
HYGH
開始日時
2019-01-07
終了日時
2019-12-07
最高目標
23,875,000 USD
初回価格
0.0500 USD
トークン供給数
600,000,000
公式サイトへ Owner of HYGH?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

私たちの使命は、社会がどのように私たちの街で広告を扱うかを再定義することです。 誰がインフラストラクチャを提供すべきですか? 誰が宣伝すべきですか? 現在のところ、デジタル外出広告(DOOH)の市場は、動きが遅く、集中型で、柔軟性に欠けており、中小企業(SME)にとっては手が届きにくいものです。 私たちの目的は、太陽が輝き始めたときに地元の自転車レンタル屋が街の向かいのドラッグストアで広告を出せる使いやすい標準を確立することです。

私たちは、現状を改善し、広告業界を民主化するという課題を自らに課しました。 単純なHYGHプラットフォームでは、受動的な収入を生み出し、カスタム広告キャンペーンを実行することが新しい常識となります。 広告の掲載に必要な時間を数ヶ月から数秒に短縮することで、HYGHはダイナミックなリアルタイム広告のための新たな世界市場を開拓します。

チーム すべてを見る

Vincent Müller
Vincent Müller
Chief Executive Officer
Fritz Frey
Fritz Frey
Chief Operating Officer
Antonius Link
Antonius Link
Chief Visionary Officer
Juergen Specht
Juergen Specht
Chief Technology Officer
Stefan Herkt
Stefan Herkt
Lead Software Developer
Vvacheslav Bavdiko
Vvacheslav Bavdiko
Lead Frontend Developer

人気STO/ICO記事

  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi
  • コイン相場アプリで仮想通貨をウォッチリストに追加する方法3つ

    コイン相場ユーザーの皆様、コイン相場のウォッチリストから仮想通貨を追加する方法が3つもあるということをご存知ですか?気になる仮想通貨をどういった方法で追加するかはユーザー様次第ですが、状況によって効率よく追加する方法を考え、追加を簡単にお試しください。コイン追加・削除(編集)の画面で編集していたけど、追加したい仮想通貨がある場合は以下のような手順で簡単に追加できます。<ins></ins>ウォッチリストを見ていた際に、追加したい仮想通貨がある場合は以下の手順が効率がいいですのでお試しください。<ins></ins>銘柄の名前を覚えていないが確かにあの取引所にあったな見たらすぐ思い出せると思った
  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ