Bidooh - デジタルビルボードの分散化

Bidoohのビジョンは348億ドルのビルボード広告業界を革命化し、民主化することです。 真に柔軟で即時性のある測定可能なセルフサービスプラットフォームとオープンなデジタルスクリーンネットワークを構築することで、あらゆる規模の広告主やメディアエージェンシーがBidoohを通じて広告を企画して配置します。Bidoohは、オープンなデジタルスクリーンネットワークにアクセスするセルフサービスプラットフォームを通じて広告を提供しています。 Bidoohはマーケティングをより良く変えます。 少数によってマーケティングのコントロールを奪い、参加したいすべての人が利用できるようにします。 広告主は単にアプリをダウンロードしたり、Bidoohポータルにアクセスしたり、広告を作成したり、スクリーンの場所を選択したり、広告予算を設定したり、広告を公開することができます。 広告はBidoohよりもっと簡単、高速、透明、または効率的になります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
DOOH
開始日時
2018-10-31
終了日時
2018-11-30
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
1 USD = 2,000 DOOH
トークン供給数
1,260,000,000
公式サイトへ Owner of Bidooh?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Bidoohはブロックチェインの世界初の顔認識広告板です。誰で、着ている服装に基づいて、ターゲットを絞り込んだ広告を配信します。Bidoohは、適時に適切な人物に適切なメッセージを表示し、すべてリアルタイムでアプリから制御されます。

チーム すべてを見る

Michael Edelson
Michael Edelson
Chairman
Abdul Alim
Abdul Alim
CEO & Co-founder
Shahzad Mughal
Shahzad Mughal
CPO & Co-Founder
Paul Althasen
Paul Althasen
Non-Executive Director, Investor
Howard Simms
Howard Simms
Non-Executive Director, Investor
Michelle Cowan
Michelle Cowan
CGO

人気STO/ICO記事

  • 【簡単】あなたにぴったりの仮想通貨取引所を診断!取引所診断ツールをコイン相場がリリース

    早速試してみたい方はから仮想通貨取引所は、特にここ最近増えて来ました。どの取引所を使えばいいのか、手数料を比較するのも数が多すぎて大変ですよね。面倒だから、今使っている取引所ばっかり使っている人も多いと思いますが、条件等も変わっている中で、本当に自分の投資スタイルに合っているのか自信がありますか?Googleで検索して、色んな記事を読んで比較してもどこが自分にあっているのか、どこがいいのか、さっぱり分からない。。取引所関連の記事はいっぱいあるけれど、アフィリエイト報酬が高い順で並んでいるだけという事も多いですよね。判断に困る、比較するのが手間だという方々のために国内最大の仮想通貨アプリ、コイ
  • bitbank(ビットバンク)のおすすめ理由を解説!セキュリティーが堅牢で銘柄が豊富なbitbankで口座を開いてみよう

    ✅ 【お得】取引すればするほどおトク!メイカー取引はマイナス手数料新しい価格を指値で頻繁に取引を行うトレーダーには最適の取引所!なんと、メイカー取引の手数料が-0.02%で取引をすればするほどおトク!※メイカー(Maker)とは、板にない価格を作ることをいいます。✅ 【安心】セキュリティーが堅牢暗号資産取引所の分析企業CERによると、ビットバンクのセキュリティー体制は日本一、物理的な方法からの盗難や内部犯行の対策として秘密鍵が一つではなく、複数に分割された「マルチシグ」で管理✅ 【便利】アプリが使いやすく、UIが洗練されている24時間休まない仮想通貨市場では必ずスマホでの対応が必要な場合が多い
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ