Bidooh - デジタルビルボードの分散化

Bidoohのビジョンは348億ドルのビルボード広告業界を革命化し、民主化することです。 真に柔軟で即時性のある測定可能なセルフサービスプラットフォームとオープンなデジタルスクリーンネットワークを構築することで、あらゆる規模の広告主やメディアエージェンシーがBidoohを通じて広告を企画して配置します。Bidoohは、オープンなデジタルスクリーンネットワークにアクセスするセルフサービスプラットフォームを通じて広告を提供しています。 Bidoohはマーケティングをより良く変えます。 少数によってマーケティングのコントロールを奪い、参加したいすべての人が利用できるようにします。 広告主は単にアプリをダウンロードしたり、Bidoohポータルにアクセスしたり、広告を作成したり、スクリーンの場所を選択したり、広告予算を設定したり、広告を公開することができます。 広告はBidoohよりもっと簡単、高速、透明、または効率的になります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
DOOH
開始日時
2018-10-31
終了日時
2018-11-30
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
1 USD = 2,000 DOOH
トークン供給数
1,260,000,000
公式サイトへ Owner of Bidooh?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Bidoohはブロックチェインの世界初の顔認識広告板です。誰で、着ている服装に基づいて、ターゲットを絞り込んだ広告を配信します。Bidoohは、適時に適切な人物に適切なメッセージを表示し、すべてリアルタイムでアプリから制御されます。

チーム すべてを見る

Michael Edelson
Michael Edelson
Chairman
Abdul Alim
Abdul Alim
CEO & Co-founder
Shahzad Mughal
Shahzad Mughal
CPO & Co-Founder
Paul Althasen
Paul Althasen
Non-Executive Director, Investor
Howard Simms
Howard Simms
Non-Executive Director, Investor
Michelle Cowan
Michelle Cowan
CGO

人気STO/ICO記事

  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • 【特典Wドリ】キャンペーンでウェルスナビにお得に登録する方法!副業・資産運用

    ウェルスナビを始めたいと思っているが、まだ、初回登録が済んでいない方はラッキーです!こういったサービスを少しでもお得に申し込む為には、キャンペーンを上手に活用することが大切ですが、ちょうど今、ウェルスナビは、お得な夏のキャンペーンを開催しており、コインポインを利用することで、さらにお得に特典をWドリすることができるんです!当記事では、ウェルスナビを少しでもお得に登録する為の方法をご紹介いたします。この2つのキャンペーンで条件をクリアすれば最低でも5500円相当の特典、最高で10万4500円相当の特典を獲得することができます。コインポイン経由で登録し、10万円入金とリスク許容度の設定を行えば、最
  • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

    10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予