Bidooh - デジタルビルボードの分散化

Bidoohのビジョンは348億ドルのビルボード広告業界を革命化し、民主化することです。 真に柔軟で即時性のある測定可能なセルフサービスプラットフォームとオープンなデジタルスクリーンネットワークを構築することで、あらゆる規模の広告主やメディアエージェンシーがBidoohを通じて広告を企画して配置します。Bidoohは、オープンなデジタルスクリーンネットワークにアクセスするセルフサービスプラットフォームを通じて広告を提供しています。 Bidoohはマーケティングをより良く変えます。 少数によってマーケティングのコントロールを奪い、参加したいすべての人が利用できるようにします。 広告主は単にアプリをダウンロードしたり、Bidoohポータルにアクセスしたり、広告を作成したり、スクリーンの場所を選択したり、広告予算を設定したり、広告を公開することができます。 広告はBidoohよりもっと簡単、高速、透明、または効率的になります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
DOOH
開始日時
2018-10-31
終了日時
2018-11-30
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
1 USD = 2,000 DOOH
トークン供給数
1,260,000,000
公式サイトへ Owner of Bidooh?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Bidoohはブロックチェインの世界初の顔認識広告板です。誰で、着ている服装に基づいて、ターゲットを絞り込んだ広告を配信します。Bidoohは、適時に適切な人物に適切なメッセージを表示し、すべてリアルタイムでアプリから制御されます。

チーム すべてを見る

Michael Edelson
Michael Edelson
Chairman
Abdul Alim
Abdul Alim
CEO & Co-founder
Shahzad Mughal
Shahzad Mughal
CPO & Co-Founder
Paul Althasen
Paul Althasen
Non-Executive Director, Investor
Howard Simms
Howard Simms
Non-Executive Director, Investor
Michelle Cowan
Michelle Cowan
CGO

人気STO/ICO記事

  • Coincheck(コインチェック)レバレッジ取引サービス終了へ

    マネックスグループの子会社である仮想通貨取引所「コインチェック」が本日の13時に公式ホームページをを通じ、2020年3月13日(金)12:00を持って、レバレッジ取引のサービスを終了すると発表した。レバレッジ取引でポジションを持っているユーザーは期日までにレバレッジアカウントにおける日本円残高を取引アカウントへお振替えしておく必要がある。取引終了日:2020年3月13日(金)12:00取引アカウントへの残高振替期限:2020年3月末現在、レバレッジ取引の新規注文を停止しております。レバレッジ取引の取引履歴については、引き続き閲覧可能です。予定は予告なく変更となる場合がございます。取引終了日(予
  • 韓国UPbitハッキング被害発表・・被害額53億円相当(ETH342,000枚)

    韓国、最大級大手取引所UPbit(アップビット)は580億ウォン相当ののETH(イーサリアム)342,000枚の不正出金が発生したことを27日18時ごろ発表した。出金先のウォレットのアドレスは0xa09871AEadF4994Ca12f5c0b6056BBd1d343c029でUPbitが分からないウォレットであると説明している。仮想通貨の出金が一時停止されたのは27日の午後2時16分頃だった。<ins></ins>UPbitを運営しているDunamuの体表理事イ・ソクウです。まず、UPbitを利用しているユーザーの皆様にご心配をおかけし、大変申し訳ございません。2019年 11月 27日 午
  • 中国のニュースで「バイナンスの上海事務所閉鎖」について集中報道・・支社ではなく外注チーム

    上海の代表的な地域放送「东方卫视」が25日、ニュース番組を通じ、バイナンスの上海事務所閉鎖に関する特集を報道した。報道で、リポーターが直接バイナンスの上海事務所として知られている場所を訪問した結果、事務所は閉鎖され社員が既に撤収した状態であることが確認できた。事務所の閉鎖は最近、当局の仮想通貨企業を対象にした取り締まりが原因と考えられる。しかし、同メディアは閉鎖されたバイナンスの上海事務所は支社ではなく、「外注チーム」で顧客応対担当や少数の開発者で構成されていたと伝えた。また、この事務所の人力を採用するプロセスでブロックチェーンメディア「BABI财经」という法人名が使われていたことも分かった。