Bidooh - デジタルビルボードの分散化

Bidoohのビジョンは348億ドルのビルボード広告業界を革命化し、民主化することです。 真に柔軟で即時性のある測定可能なセルフサービスプラットフォームとオープンなデジタルスクリーンネットワークを構築することで、あらゆる規模の広告主やメディアエージェンシーがBidoohを通じて広告を企画して配置します。Bidoohは、オープンなデジタルスクリーンネットワークにアクセスするセルフサービスプラットフォームを通じて広告を提供しています。 Bidoohはマーケティングをより良く変えます。 少数によってマーケティングのコントロールを奪い、参加したいすべての人が利用できるようにします。 広告主は単にアプリをダウンロードしたり、Bidoohポータルにアクセスしたり、広告を作成したり、スクリーンの場所を選択したり、広告予算を設定したり、広告を公開することができます。 広告はBidoohよりもっと簡単、高速、透明、または効率的になります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
DOOH
開始日時
2018-10-31
終了日時
2018-11-30
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
1 USD = 2,000 DOOH
トークン供給数
1,260,000,000
公式サイトへ Owner of Bidooh?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Bidoohはブロックチェインの世界初の顔認識広告板です。誰で、着ている服装に基づいて、ターゲットを絞り込んだ広告を配信します。Bidoohは、適時に適切な人物に適切なメッセージを表示し、すべてリアルタイムでアプリから制御されます。

チーム すべてを見る

Michael Edelson
Michael Edelson
Chairman
Abdul Alim
Abdul Alim
CEO & Co-founder
Shahzad Mughal
Shahzad Mughal
CPO & Co-Founder
Paul Althasen
Paul Althasen
Non-Executive Director, Investor
Howard Simms
Howard Simms
Non-Executive Director, Investor
Michelle Cowan
Michelle Cowan
CGO

人気STO/ICO記事

  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常