Bidooh - デジタルビルボードの分散化

Bidoohのビジョンは348億ドルのビルボード広告業界を革命化し、民主化することです。 真に柔軟で即時性のある測定可能なセルフサービスプラットフォームとオープンなデジタルスクリーンネットワークを構築することで、あらゆる規模の広告主やメディアエージェンシーがBidoohを通じて広告を企画して配置します。Bidoohは、オープンなデジタルスクリーンネットワークにアクセスするセルフサービスプラットフォームを通じて広告を提供しています。 Bidoohはマーケティングをより良く変えます。 少数によってマーケティングのコントロールを奪い、参加したいすべての人が利用できるようにします。 広告主は単にアプリをダウンロードしたり、Bidoohポータルにアクセスしたり、広告を作成したり、スクリーンの場所を選択したり、広告予算を設定したり、広告を公開することができます。 広告はBidoohよりもっと簡単、高速、透明、または効率的になります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
DOOH
開始日時
2018-10-31
終了日時
2018-11-30
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
1 USD = 2,000 DOOH
トークン供給数
1,260,000,000
公式サイトへ Owner of Bidooh?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Bidoohはブロックチェインの世界初の顔認識広告板です。誰で、着ている服装に基づいて、ターゲットを絞り込んだ広告を配信します。Bidoohは、適時に適切な人物に適切なメッセージを表示し、すべてリアルタイムでアプリから制御されます。

チーム すべてを見る

Michael Edelson
Michael Edelson
Chairman
Abdul Alim
Abdul Alim
CEO & Co-founder
Shahzad Mughal
Shahzad Mughal
CPO & Co-Founder
Paul Althasen
Paul Althasen
Non-Executive Director, Investor
Howard Simms
Howard Simms
Non-Executive Director, Investor
Michelle Cowan
Michelle Cowan
CGO

人気STO/ICO記事

  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)
  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。