Satoshi Brewery - 最初の醸造トークン

ロシアの北西に最大の地方工芸醸造所を建設したいと考えています。 プロジェクト開始後18カ月で、生産量は年間850万リットルを超え、純利益は1300万ドルに達します。 現時点では、ビールはロシア国内だけでなく、海外でも販売されます:フィンランド、スウェーデン、ノルウェーなど。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SBL
開始日時
2017-10-20
終了日時
2017-11-20
初回価格
0.98-1.2 USD
トークン供給数
10,000
公式サイトへ Owner of Satoshi Brewery ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale - 44.4% discount
  • 27.11.2017 - 30.11.2017 - 18.3% discount
  • 01.12.2017 - 05.12.2017 - 15% discount
  • 06.12.2017 - 10.12.2017 - 12.5% discount
  • 11.12.2017 - 15.12.2017 - 9.2% discount

概要

まず、SATOSHI BREWERYは、投資資金の実質的な実現を行っている実体経済分野のプロジェクトです。

次に、ビールの生産は、世界中で高い収益性と財務的に持続可能なビジネスです。ビール生産への投資は、安定した低リスクの収入を生みます。

最後に、仮想通貨経済の形成のように、クラフト醸造は独自の領域で一種の革命であり、社会にビール消費の新しい文化と哲学を与えます。

2015年の米国および欧州諸国の結果によると、ビールのシェアは12%(2874百万リットル - 223億米ドル)を超えています。ロシアでは、工芸ビールの醸造が始まったばかりで、現在のシェアは5.5%(436.7百万リットル - 14億米ドル)を超えていません。

したがって、SATOSHI BREWERYプロジェクトは次の理由により成功するでしょう:

  • このプロジェクトは、十分に発展していないが、大きな成長の可能性がある市場内で実施されている。
  • 最低競争レベル。
  • 最終製品の高いマージンレベル。

チーム すべてを見る

Andrey Leshchenko
Andrey Leshchenko
The project founder
Alexander Akhtyamov
Alexander Akhtyamov
The project manager
Alexey Brikunov
Alexey Brikunov
The financial manager
Olga Burkova
Olga Burkova
The PR-Manager
Vladimir Cherny
Vladimir Cherny
The chief brewer
Anatoly Babenko
Anatoly Babenko
The technical consultant

人気STO/ICO記事

  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である