Satoshi Brewery - 最初の醸造トークン

ロシアの北西に最大の地方工芸醸造所を建設したいと考えています。 プロジェクト開始後18カ月で、生産量は年間850万リットルを超え、純利益は1300万ドルに達します。 現時点では、ビールはロシア国内だけでなく、海外でも販売されます:フィンランド、スウェーデン、ノルウェーなど。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SBL
開始日時
2017-10-20
終了日時
2017-11-20
初回価格
0.98-1.2 USD
トークン供給数
10,000
公式サイトへ Owner of Satoshi Brewery ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale - 44.4% discount
  • 27.11.2017 - 30.11.2017 - 18.3% discount
  • 01.12.2017 - 05.12.2017 - 15% discount
  • 06.12.2017 - 10.12.2017 - 12.5% discount
  • 11.12.2017 - 15.12.2017 - 9.2% discount

概要

まず、SATOSHI BREWERYは、投資資金の実質的な実現を行っている実体経済分野のプロジェクトです。

次に、ビールの生産は、世界中で高い収益性と財務的に持続可能なビジネスです。ビール生産への投資は、安定した低リスクの収入を生みます。

最後に、仮想通貨経済の形成のように、クラフト醸造は独自の領域で一種の革命であり、社会にビール消費の新しい文化と哲学を与えます。

2015年の米国および欧州諸国の結果によると、ビールのシェアは12%(2874百万リットル - 223億米ドル)を超えています。ロシアでは、工芸ビールの醸造が始まったばかりで、現在のシェアは5.5%(436.7百万リットル - 14億米ドル)を超えていません。

したがって、SATOSHI BREWERYプロジェクトは次の理由により成功するでしょう:

  • このプロジェクトは、十分に発展していないが、大きな成長の可能性がある市場内で実施されている。
  • 最低競争レベル。
  • 最終製品の高いマージンレベル。

チーム すべてを見る

Andrey Leshchenko
Andrey Leshchenko
The project founder
Alexander Akhtyamov
Alexander Akhtyamov
The project manager
Alexey Brikunov
Alexey Brikunov
The financial manager
Olga Burkova
Olga Burkova
The PR-Manager
Vladimir Cherny
Vladimir Cherny
The chief brewer
Anatoly Babenko
Anatoly Babenko
The technical consultant

人気STO/ICO記事

  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常