Rise - 億万長者のように投資

2012年以来世界市場を打ち負かしてきたワールドクラスのA.I.取引戦略に投資する。トークン所有者は、RISEエコシステム全体から四半期ごとに配当を得る。受動的収入。 永遠に。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
RSE
最低目標
4,000,000 USD
最高目標
120,000,000 USD
初回価格
1 RSE = 1 USD
トークン供給数
119,000,000
公式サイトへ Owner of Rise?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率70%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域USA (only accredited investors are allowed), China etc
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Riseは、最新の人工知能(AI)および機械学習(ML)システムを使用して、洗練されたアルゴリズム取引技術を開発するドイツのソフトウェア企業です。近年、そのアルゴリズムは主要市場よりも優れていることが証明されています。アルゴリズム取引を使用し、一貫性のある利益が得る数十億ドルの資金から通常除外された投資家はRise Security Token Offering(STO)を通じて、投資レベルにかかわらず同じ最先端のテクノロジーにアクセスできるようになります。    RiseのSTOはRISE(RSE)セキュリティトークンを導入し、さまざまな収益源から得られた長期受動的収入ストリームをトークン所有者に提供します。投資家は、すべてのアルゴリズムライセンス収入の20%のシェアを得る権利が与えられます。Rise取引アルゴリズムからの定期的な収益も受け取ります。サードパーティの貸し手とRISEトークンを活用することによって獲得した利益の形で、さらなる向上が見られます。 RISE(RSE)のすべての保有者は、収益源のそれぞれから四半期ごとの配当を受け取り、Ethereumブロックチェーンを通じてバランスの取れた、長期にわたる定期的な支払いを行います。    STOの資本は、既存の取引システムの改善と新たな市場機会に対応するための新技術の開発に資金を提供します。 STOファンドは、Riseモバイルアプリを通じてRise取引プラットフォームのパブリック・グローバル・ローンチをサポートし、Rise STOファンドの創業資金を提供する予定です。また、継続的な研究開発とグローバル展開に資金を提供するために使用されます。

チーム すべてを見る

Stefan Tittel
Stefan Tittel
CEO
Michael Morsch
Michael Morsch
CFO
Robert Gold
Robert Gold
CTO
Simon von Poschinger-Bray
Simon von Poschinger-Bray
Chief Platform Architect
Victor Bremer
Victor Bremer
Chief Investment Officer
Roman Gorbunov
Roman Gorbunov
Head of AI Systems

人気STO/ICO記事

  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・ 
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[