Qashback - 都市の消費者をつなぐ

QashBackは、人工知能、データ分析、ブロックチェーンのスマートコントラクトを搭載した世界初の分散型評判管理と権限ベースのマーケティングプラットフォームを導入し、従来の小売業やサービス業を変革します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
QBK
開始日時
2018-12-10
終了日時
2019-01-04
初回価格
0.4000 USD
トークン供給数
100,000,000
公式サイトへ Owner of Qashback?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率10%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

QBは、イーサリアムブロックチェーンとQBKの特性を利用して、現在の欠陥を克服することができます。 QBプラットフォーム上のユーザは、QBプラットフォームを使用して、加盟店からの購入を予約し、レビューを提出し、加盟店は、カスタマイズされたプロモーションおよびロイヤリティプログラムによって、ユーザと直接対話する信頼できるエコシステムを提供することができます。

QBKは、QBプラットフォーム上のすべてのトランザクションに使用されます。 消費者は、QBプラットフォーム上の任意の加盟店によって提供される商品およびサービスに対して支払うためにQBKを使用し、加盟店は報酬および割引に対してQBKを使用します。 QBは、クロスセラーの機会を改善し、消費者との直接的な関わりを提供します。

チーム

Michael Tan
Michael Tan
Co-Founder
Chan Fook Meng
Chan Fook Meng
Co-Founder
Tim Langdon
Tim Langdon
Business Development Australia
Karl O’Shaughnessy
Karl O’Shaughnessy
Sales & Marketing Australia

人気STO/ICO記事

  • 【API連携】Binance/バイナンスとAPI連携する方法 - 画像付きで分かりやすい!

    忙しい投資家にとって仮想通貨投資における情報収集や取引を効率化したいという悩みはつきないでしょう。そんな時は取引所が公式に公開しているAPIを活用すると便利です。APIを使えば取引所にログインしなくても自身のポートフォリオ管理や取引、自動取引などを実行することが可能です。通常、APIの活用にはプログラミングスキルが必要ですが仮想通貨アプリののように簡単にAPI連携する方法もあります。ここでは仮想通貨引所最大手であるBinanceのAPI取得方法とのAPI連携方法をご紹介させていただきます。Binanceは2017年7月に中国で誕生した仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所としては後発ですが、社
  • 法改正を理解する:ブロックチェーン注目トピックの良記事まとめvol.2

    2019年5月31日に資金決済法、金融金融商品取引法の改正が国会で成立し、「仮想通貨」が「暗号資産」に改称されたことは知っている人も多いでしょう。一方で、「それで何が変わるの?」「どんな情報を追いかけていけばいいの?」についてはイマイチ自信が持てない方もいると思うので、今回はこの辺りをまとめて行こうと思います。関連記事:大まかな点についてよくまとまっているのは、以下の2つの記事です。仮想通貨Watchアンダーソン・毛利・友常法律事務所後者はやや長く感じられるかもしれませんが、一番ポイントが整理させているものです。最前線の動きについては、Twitter()での書き起こしもかなり有能なので
  • ブロックチェーン版、インスタグラムPIBBLE(ピブル)がα版をリリース

    韓国発のブロックチェーンプロジェクトPIBBLEが6か月間のクローズテストを終え、最近α版をプレイストアとアップストアに公開した。PIBBLEはインスタグラムに似ているがSNS活動をするすべてのユーザーは報酬として使えるポイントがもらえる。暗号資産のウォレット機能を利用できる人であればだれもがこのポイントをPIB(暗号資産)に交換し、世界どこでも利用できるのが大きなメリットである。特に、PIBBLEはインスタグラムにはない写真コマース機能を持っており、誰もが自分が持っている写真を販売用としてアップロードできる。ピブルチームは最近の“スマホのカメラ”について機能が高度化されているため、写真作家で