C3C.Network - クリエイター、消費者、広告主をつなぐ

C3Cは後で独自のブロックチェーンに変換され、クリエイター、出版社、広告主を接続する支払いを促進します。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
C3C
開始日時
2018-07-16
終了日時
2018-09-30
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
15,000,000 USD
初回価格
1 ETH = 1000 C3C
トークン供給数
35,000,000
公式サイトへ Owner of C3C.Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • ICO - 15%

概要

  • パブリッシャーは有料のプレミアムコンテンツの新規加入者と新しい収益を得ます。
  • 著者はユーザーから直接報酬を得ます。
  • ユーザーはアンケートやビデオ視聴などの広告活動に参加し、C3Cトークンで報酬を受けます。
  • ユーザーのプライバシーは常に保護されています - ユーザーは個人データを管理します。 ユーザーは広告のためにデータを共有して、報酬をえます。
  • 広告主はユーザーに直接許可を与え、効率を高め、不正行為を排除することができます。

チーム すべてを見る

Rafael Vieira
Rafael Vieira
Co-founder
Tobias Ratschiller
Tobias Ratschiller
Co-founder
Simon Cocking
Simon Cocking
Co-founder
Tom Bell
Tom Bell
News Anchor, CryptoCoin.News
Maria Vovchok
Maria Vovchok
News Anchor, CryptoCoin.News
Hellen Moss
Hellen Moss
News Anchor, CryptoCoin.News

人気ICO記事

  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう
  • 今年やり残したことは、コミケに行けば見つかるかもしれない

    かどうかは、分かりませんが、一度はあの熱気を体感してみたいという方は多いのではないでしょうか。コイン相場ユーザーの皆さんにとって今回のコミケが良いきっかけになるかもしれません。一部のサークルにてコイン相場ウォレットで仮想通貨決済ができます。賛同いただきましたサークルの皆様ありがとうございます!参考:参考:▶︎コイン相場ウォレトに対応いただいたサークル様にこちらのPOPを提示いただいています。場所 :西地区ヨ31b対応通貨:BTC場所:東地区ヌ05b対応通貨:BTC , ETH , XEM場所:東地区ハ32a対応通貨:ETH (ERC20) / BTC / BCH / XRP / EOS
  • AeronのARNトークンがEOSのエコシステムで利用可能に

    ブロックチェーンを基盤とする革新的航空安全プロジェクト、Aeronは、その範囲をEOS経済圏まで広げ、Ethereum ERC20とEOS間の双方向トークンスワップを実現しました。それにより、このトークンの流動性は上昇し、市場におけるAeronの地位は強化されることになるでしょう。ブロックチェーン間のスワップ比は1:1で、EOSブロックチェーンで発行されたAeron(ARN)トークンは、Ethereumブロックチェーンでのトークンにより完全に変換できます。この大胆な手段を取ることで、ARN/EOSペアの即時交換やEOS経済圏により促進された利便性と革新性とともに、EOS分散型取引と換金オプショ