Carry - オフラインデータ革命に参加

Carryは、個人データを消費者、マーケティング担当者、および商人に公正なものにします。伝統的な小売店は25兆ドル規模の業界で、小売消費全体の少なくとも90%を占めています。 これにより、多くのデータが生まれます。Carryプロトコルの下では、取引データはあなたが管理する商品になります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CRE
開始日時
2018-08-26
終了日時
2018-09-09
最低目標
25,000 ETH
最高目標
47,000 ETH
初回価格
1 ETH = 65,000 CRE
トークン供給数
4,000,000,000
公式サイトへ Owner of Carry?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC-20
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-Sale - 15%

概要

Carryはブロックチェーンを使ってオフラインの商人と消費者をつなぐプラットフォームです。

オンラインおよびモバイルコマースの急速な成長にもかかわらず、消費は主にオフラインで行われています。しかし、市場規模が25兆米ドルという驚異的な市場規模であっても、オフラインコマース市場は、新技術の導入と普及に要する時間とエネルギーのために、技術的にまだ遅れています。

オフラインコマースには3つの大きな問題があります。第一に、顧客データが細分化不完全であるため、小売商は顧客をほとんど理解していません。第2に、消費者はデータを管理することができず、企業はこの情報を使用し収益化しています。第三に、オフライン広告は時代遅れであり、透明性と有効性に欠けています。

Carryプロトコルは、1)商人が顧客を理解してコミュニケーションをとるプラットフォームを提供する、2)消費者が独自の取引データを管理し情報を収益化できるようにする、3)効果的で透明な新しい広告チャネルを提供する、という3つの目的でこれらの問題を解決することを目指します。

これらの目標を実現するために最も重要な要素は、Spoqaの創設メンバーで構成されたCarryプロトコルの後ろにあるチームです。過去7年間、Dodo Pointは韓国と日本のタブレットベースのロイヤルティプラットフォームの第1位に成長し、10,000人のパートナー加盟店と1,500万人の顧客と確保し、年間20億ドル相当のオフライン決済データを追跡しています。このような成果は、困難なオフライン環境で達成され、オフライン実行の経験は、キャリープロトコルの成功の最も貴重な要因の1つになります。

Carryの主力パートナーであるSpoqaは、既存の商人と消費者ベースを活用して、Carryプロトコルを市場に拡大します。これにより、キャリープロトコルは市場で競争力を発揮し、現実世界でのアプリケーションの高速化を支援します。

CarryはSpoqaなどの初期段階でCarryの成長に貢献している加盟店にさまざまなパートナーの参加を促し、商人、パートナー企業、寄稿者、そして最も重要なのは日常の消費者のための健康な生態系を作り出します。

チーム すべてを見る

Grant Sohn
Grant Sohn
co-CEO
Richard Choi
Richard Choi
co-CEO
Swen Mun
Swen Mun
Lead Developer
Hong Minhee
Hong Minhee
Developer
Jungwon Yu
Jungwon Yu
Head of Business Development
Yujeong Nam
Yujeong Nam
UX Designer

人気STO/ICO記事

  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・ 
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。