Carry - オフラインデータ革命に参加

Carryは、個人データを消費者、マーケティング担当者、および商人に公正なものにします。伝統的な小売店は25兆ドル規模の業界で、小売消費全体の少なくとも90%を占めています。 これにより、多くのデータが生まれます。Carryプロトコルの下では、取引データはあなたが管理する商品になります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CRE
開始日時
2018-08-26
終了日時
2018-09-09
最低目標
25,000 ETH
最高目標
47,000 ETH
初回価格
1 ETH = 65,000 CRE
トークン供給数
4,000,000,000
公式サイトへ Owner of Carry?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC-20
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-Sale - 15%

概要

Carryはブロックチェーンを使ってオフラインの商人と消費者をつなぐプラットフォームです。

オンラインおよびモバイルコマースの急速な成長にもかかわらず、消費は主にオフラインで行われています。しかし、市場規模が25兆米ドルという驚異的な市場規模であっても、オフラインコマース市場は、新技術の導入と普及に要する時間とエネルギーのために、技術的にまだ遅れています。

オフラインコマースには3つの大きな問題があります。第一に、顧客データが細分化不完全であるため、小売商は顧客をほとんど理解していません。第2に、消費者はデータを管理することができず、企業はこの情報を使用し収益化しています。第三に、オフライン広告は時代遅れであり、透明性と有効性に欠けています。

Carryプロトコルは、1)商人が顧客を理解してコミュニケーションをとるプラットフォームを提供する、2)消費者が独自の取引データを管理し情報を収益化できるようにする、3)効果的で透明な新しい広告チャネルを提供する、という3つの目的でこれらの問題を解決することを目指します。

これらの目標を実現するために最も重要な要素は、Spoqaの創設メンバーで構成されたCarryプロトコルの後ろにあるチームです。過去7年間、Dodo Pointは韓国と日本のタブレットベースのロイヤルティプラットフォームの第1位に成長し、10,000人のパートナー加盟店と1,500万人の顧客と確保し、年間20億ドル相当のオフライン決済データを追跡しています。このような成果は、困難なオフライン環境で達成され、オフライン実行の経験は、キャリープロトコルの成功の最も貴重な要因の1つになります。

Carryの主力パートナーであるSpoqaは、既存の商人と消費者ベースを活用して、Carryプロトコルを市場に拡大します。これにより、キャリープロトコルは市場で競争力を発揮し、現実世界でのアプリケーションの高速化を支援します。

CarryはSpoqaなどの初期段階でCarryの成長に貢献している加盟店にさまざまなパートナーの参加を促し、商人、パートナー企業、寄稿者、そして最も重要なのは日常の消費者のための健康な生態系を作り出します。

チーム すべてを見る

Grant Sohn
Grant Sohn
co-CEO
Richard Choi
Richard Choi
co-CEO
Swen Mun
Swen Mun
Lead Developer
Hong Minhee
Hong Minhee
Developer
Jungwon Yu
Jungwon Yu
Head of Business Development
Yujeong Nam
Yujeong Nam
UX Designer

人気STO/ICO記事

  • BitMEXのBTC/USDペアー名称変更について

    いつもコイン相場をご利用いただき、誠にありがとうございます。最近、コイン相場アプリ内でBitMEXのチャートが表示されないというお問合せがたくさん届いています。既存のBitMEX取引所にあるBTC/USDペアーはアップデート後、XBT/USDに変更されましたのでBTC/USDペアーを登録していたユーザー様は「XBT/USD」ペアーを再度登録をお願いいたします。また、以下のスクリーンショットを見ると分かりますが、現在XBT/USDの表示にUSDが重複されている状況です。この部分は、正しく修正して参りますのでひとまずXBTUSD/USDでご利用をお願いいたします。もともと、アプリ内でBitMEX取
  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ