Qashback - 都市の消費者をつなぐ

QashBackは、人工知能、データ分析、ブロックチェーンのスマートコントラクトを搭載した世界初の分散型評判管理と権限ベースのマーケティングプラットフォームを導入し、従来の小売業やサービス業を変革します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
QBK
開始日時
2018-12-10
終了日時
2019-01-04
最高目標
36,000,000 USD
初回価格
0.4000 USD
トークン供給数
100,000,000
公式サイトへ Owner of Qashback?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率10%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

QBは、イーサリアムブロックチェーンとQBKの特性を利用して、現在の欠陥を克服することができます。 QBプラットフォーム上のユーザは、QBプラットフォームを使用して、加盟店からの購入を予約し、レビューを提出し、加盟店は、カスタマイズされたプロモーションおよびロイヤリティプログラムによって、ユーザと直接対話する信頼できるエコシステムを提供することができます。

QBKは、QBプラットフォーム上のすべてのトランザクションに使用されます。 消費者は、QBプラットフォーム上の任意の加盟店によって提供される商品およびサービスに対して支払うためにQBKを使用し、加盟店は報酬および割引に対してQBKを使用します。 QBは、クロスセラーの機会を改善し、消費者との直接的な関わりを提供します。

QashBackは、透明性の高いやり取りとデータのプライバシー問題に対する心の安らぎのために、インセンティブのあるオンライン評判管理プラットフォームを通して消費者、商人、そして広告主を結び付けます。 QBは、Ethereumブロックチェーンテクノロジに基づく分散型エコシステムを提供します。これにより、すべての利害関係者が第三者の介入なしに安全かつ非公開で相互作用、接続、および取引を行うことができます。 QashBack Token( "QBK")はERC-20に準拠しており、QBプラットフォームで実行されるすべてのトランザクションの決済トークンおよびユーティリティトークンとして使用されます。

QBプラットフォームは、顧客、販売業者、およびレビュー担当者に次の機能を提供するエコシステムを提供します。

  • 報酬ベースのレビュー:QBプラットフォームでの経験を共有するための努力をしたことにより、顧客は販売者からQBKがもらえます。

  • 行動に基づく宣伝:顧客の許可を得て、販売者にはQBの人工エンジン(「AI」)が処理した顧客のニーズを満たすように調整されたプロモーションを提供するのに十分な情報が提供されます。

  • 直接の顧客 - 商人エンゲージメント:商人は、例えばコンテストに参加するための招待を受けたり、マーケティング宣伝をするために、顧客が特定の行動や行為に参加することを奨励するためにQBKを使用します。

  • 許可ベースの広告:QBプラットフォームは、受け取った広告収入の一部を共有することで、自分の情報を広告に使用することに同意した消費者に報います。消費者はQBプラットフォームの加盟店から広告を見ることでも報われます。

QBは、QBプラットフォーム上のすべてのトランザクションを管理するためのブロックチェーンテクノロジの本質的な性質とスマートコントラクトの実行を通じて、この機能豊富なプラットフォームを提供し、すべてのユーザーのデータプライバシーを保護することができます。 QBプラットフォーム上のすべての取引は透明で不変であり、取引を確認するために第三者に頼ることなく自動的に実行されます。

QashBackのミッション

QashBackは、透明性の高いやり取りとデータのプライバシー問題に対する心の安らぎのために、インセンティブのあるオンライン評判管理プラットフォームを通して消費者、商人、そして広告主を結び付けます。

QBは、Ethereumブロックチェーンテクノロジに基づく分散型エコシステムを提供します。これにより、すべての利害関係者が第三者の介入なしに安全かつ非公開で相互作用、接続、および取引を行うことができます。 QashBack Token( "QBK")はERC-20に準拠しており、QBプラットフォームで実行されるすべてのトランザクションの決済トークンおよびユーティリティトークンとして使用されます。

QBは、いろんな機能を提供し、現在のオンラインレビューシステムの欠陥を修正するために、ブロックチェーンとスマートコントラクトの特性を利用しています。 ブロックチェーンは、QBプラットフォーム上のすべてのトランザクションを透明にし(変更がすべての関係者に公開されていることを意味します)、不変(変更や削除ができないことを意味します)にします。 スマートコントラクトの使用は、事前に合意されてスマートコントラクトに組み込まれている条件に従って、あらゆる契約の実行を確実にします。 たとえば、スマートコントラクトが使用されているため、レビュー担当者は、星の評価やレビューの品質に関係なく、商人が合意したとおりにレビューを投稿したことに対して報酬を与えることが保証されます。 広告を見たことに対してユーザーに報酬を与えるという合意についても同じことが言えます。

バリュープロポジション

QBプラットフォームは、QBプラットフォームとQBKを使用することに同意した顧客および加盟店に、以下の利点を提供します。

サインアップしたお客様の場合:

  • レビューがポジティブかネガティブかに関係なく、オンラインレビューを作成すると報酬が与えられます。
  • 商人によって送信された広告や宣伝を見たことに対して報酬を与えます。
  • 広告やその他のプロモーションやロイヤルティプログラムなど、加盟店が主催する活動に参加したことに対して授与されます。
  • ある加盟店が獲得した報酬を他の加盟店で使用することができるため、選択肢が増えます。
  • 商人は仲介者の人件費を節約し、節約して分を割引や報酬に使うので、商品やサービスに対する支払いは少なくなります。
  • 売り出されるものをカスタマイズする権限を与えられている商人からカスタマイズされたより豊富な売り出されるものを楽みます。
  • 個人情報の管理、および受け取る広告の管理。

サインアップした商人のために:

  • 独自のプラットフォームを開発しなくても、ブロックチェーンとAIの利点を享受できます。
  • QBプラットフォームで生成されたレビューをオンラインでの評判の正確なプロキシとして使用し、それに応じて回答を絞り込むことができます。
  • QBKを使用して顧客の参加を促進する、加盟店が顧客と直接やり取りすることを可能にするダイレクトマーケティングチャネル。
  • 加盟店がスマートコントラクトを通じて顧客に報酬を与えるために直接QBKを使用できるため、既製のロイヤルティプログラム。
  • 顧客に関する貴重な集計データへのアクセス。
  • 幅広い顧客層へのアクセス
  • 時間、場所、顧客行動などに基づいた商品やサービスのターゲットマーケティング
  • QBにより大勢の視聴者への直接のチャンネルが許可されるため、広告宣伝費を削減できます。

ロードマップ

2019第1四半期

  • いくつかの重要な加盟店に焦点を当て、シンガポールでのMVPローンチ
  • サードパーティの本人確認とKYCプラットフォームとの統合
  • QBKトークンでのみ引き換えオプションをサポート

2019第2四半期

  • QashBackプロトコルがTestNetで起動され、第三者による監査を受ける
  • より多くのA / Bテストによるマーチャントベースの拡大

2019第3四半期

  • Ethereum MainNetで稼働するQashBackプロトコル
  • 2-4ライフスタイルアプリケーションとの統合
  • IOSおよびAndroidアプリの公開

未来

  • より多くのアプリケーションとの統合を促進する
  • プロトコル改善のためのガバナンスモデルを実装する *より多くの自動化機能を提供する

チーム

Michael Tan
Michael Tan
Co-Founder
Chan Fook Meng
Chan Fook Meng
Co-Founder
Tim Langdon
Tim Langdon
Business Development Australia
Karl O’Shaughnessy
Karl O’Shaughnessy
Sales & Marketing Australia

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[