Productivist - 製造業4.0に参入

グローバルな製造能力をマッピングすることにより、顧客にプライベートとプロのメーカーを繋ぐ第1ピア・ツー・ピア・ネットワーク

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
PROD
開始日時
2018-05-01
終了日時
2018-07-31
最低目標
2,000,000 EUR
最高目標
20,000,000 EUR
初回価格
1 PROD = 0.1 EUR
トークン供給数
61,700,000
公式サイトへ Owner of Productivist?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, DOGE, DASH, LTC
供給率61,7%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • PRE-ICO - 35%
  • Round 1 - 25%
  • Round 2 - 20%
  • Round 3 - 15%
  • Round 4 - 10%

概要

オープンスケールのデータストリームを作成することで、あらゆる規模の企業や個人が民間企業のRevolution 4.0にパワーを供給することができます。

Productivistのブロックチェーンプロジェクトは、現在仕事の方法を革新し、スマート製造生産の新しい標準を作り出すことを目指しています。

ブロックチェーンのおかげで、私たちのオープンエコシステムは生産の分散を管理し、生産を分散させます。 安全なデータだけでなく、透明性を確保するための、リモートで安全な、効果的なソリューションです。

チーム すべてを見る

Benjamin Pestel
Benjamin Pestel
Co-Founder & CEO
Stanislas Gobert
Stanislas Gobert
Co-Founder & CTO
Mélissa Ibghi
Mélissa Ibghi
Co-Founder & CLO
Mazen Gharbi
Mazen Gharbi
Co-founder & Full Stack Engineer
Álvaro Canton
Álvaro Canton
Co-founder & Head of Communications
Martha Scott
Martha Scott
Strategy & Business Developer (EN)

人気STO/ICO記事

  • 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴まとめ!メリット・口コミ

    [✅【最短】クイック本人確認で最短で即日取引が可能仮想通貨取引をする為には、KYC(本人確認)が必ず必要です。多くの他取引所では「はがき受取で本人確認」を行うため、取引までは約1週間ほどの時間がかかります。しかし、bitFlyerではスマホで本人確認手続きが完結するので最短で、即日取引が可能です。(はがき受取も可)✅【便利】初心者でも使いやすいシンプルな画面で、初心者でも簡単に操作できる販売所形式を採用しており、銘柄を選択し数量を入れるだけで売買が成立します。販売所の手数料は無料となっているが、スプレッドで見えない手数料がとられるため、頻繁に取引をする投資家は注意が必要!✅【信頼】信頼性の高い
  • 【FXとは?】特徴、仕組みなどを分かりやすく説明!

    FX(外国為替証拠金取引)とは、外国為替取引を「証拠金」で行う取引のことです。利益を得られる方法は大きく2つあります。1. 「価格変動」による為替差益2. 「スワップ」による金利差益ん。。まだ、見ても分からないと思いますが、詳しくは後ほど説明しますのでまずはFX取引には2つの方法で利益が得られることを頭に入れておきましょう。二つの方法で利益が得られるが、二つを同時に狙うことはとても難しいためベテランのトレーダーでも一般的には「価格変動」による為替差益を中心にトレードします。FX取引の最大の収益は、価格変動による為替差益から得ることができます。ビットコイン、金、株式など全ての投資と同様に安く買っ
  • 中国のニュースで「バイナンスの上海事務所閉鎖」について集中報道・・支社ではなく外注チーム

    上海の代表的な地域放送「东方卫视」が25日、ニュース番組を通じ、バイナンスの上海事務所閉鎖に関する特集を報道した。報道で、リポーターが直接バイナンスの上海事務所として知られている場所を訪問した結果、事務所は閉鎖され社員が既に撤収した状態であることが確認できた。事務所の閉鎖は最近、当局の仮想通貨企業を対象にした取り締まりが原因と考えられる。しかし、同メディアは閉鎖されたバイナンスの上海事務所は支社ではなく、「外注チーム」で顧客応対担当や少数の開発者で構成されていたと伝えた。また、この事務所の人力を採用するプロセスでブロックチェーンメディア「BABI财经」という法人名が使われていたことも分かった。