Prime Xは、将来的に使用されるデジタル支払いツールです。現実的に考えて、時代に遅れないようにテクノロジーを構築し、ブロックチェーンに関する情報を共有します。 あなたの経済的ニーズを解決することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
PXC
開始日時
2019-02-11
終了日時
2019-04-30
最低目標
4,000,000 USD
最高目標
6,000,000 USD
初回価格
0.2000 USD
トークン供給数
15,000,000
公式サイトへ Owner of PrimeX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームBlockchain
タイプX11
参加可能通貨ETH, BTC, LTC
供給率75%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

PRIME Xは、すべてのトランザクションをスピードアップし、リスクを最小限に抑え、高度なセキュリティを強化し、第三者を巻き込まない作業方法で、ブロックチェーンテクノロジプラットフォームを継承し開発します。 PRIME Xは明確で透明な開発ロードマップを持っています。 私たちが作成するすべてのバージョンは、顧客が個人ウォレットで保護したり、世界の取引所でシームレスに取引することができる最新のものになります。私たちの取引は、すべての投資家が共有プラットフォームで安全なプロセスを享受できるようにするためにブロックチェーン技術を使用しています。 当社の集中化プラットフォームは、投資家間の絶対的で透明な合意を可能にするために第三者の関与を排除します。他の開発者が何の心配もなく私達に加わることを可能にする普及したX11ノードアルゴリズムを使用します。

チーム すべてを見る

Angga Andrean
Angga Andrean
CEO & Developer
Bayu Rheza
Bayu Rheza
Founder & Business Analysis
Mahardika Ardy Pradana
Mahardika Ardy Pradana
Community Manager
Maulana Malik
Maulana Malik
CTO
Anubhav Pundir
Anubhav Pundir
Advisor, CMO IcoFlock.com
Ragghav Sawhney
Ragghav Sawhney
Marketing Consultant, CMO Bient.tech

人気STO/ICO記事

  • LTC、ダスティング攻撃・・被害を受けたウォレットは約30万個と推測

    暗号資産メディアCointelegraphはブロックチェーン・データ分析企業GlassnodeのTwitterを引用し、「先日(9日)、バイナンスが時価総額5位のライトコイン(LTC)、50個のウォレットを対象に『ダスティング攻撃』があった」と発表したが、実際に被害を受けたのは29万4582アドレスであると報道した。<blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ko"><p lang="en" dir="ltr">The recent  dusting attack on  affected 294,582 addresses. During o
  • 【中級・上級者向け】仮想通貨トレードの機会損失を防ぐ「Proアラート」リリース

    仮想通貨アプリ・コイン相場がついに有料会員制度・プレミアム会員をリリースしました!その中でも一番の目玉の機能はです。Proアラートとは、簡単にいうと価格アラートの上位互換版です。これまでの価格変動アラートに加えて、やを、コイン相場のPUSH通知でユーザーの皆様にお知らせする機能です。常にチャートに張り付いてトレードをしている方でも、多くの通貨ペアを同時に追い続けるの、苦しく無いですか?その点、Proアラートでは対応している取引所の全ての通貨ペアの分析をし、重要な局面の時だけ、ユーザーに教えてくれます。Proアラートがあれば、、、これで、これまで取りこぼしていたチャンスも、拾うことができた
  • ボリンジャーバンドとその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。ボリンジャーバンド(BOLL)はチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。米国の金融アナリストで投資研究家のジョン・ボリンジャーが考案したことから、この名が付いています。1983年に考案され2011年に商標権が取得されました。ボリンジャーバンドは株価が移動平均線を中心に一定の範囲(標準偏差)の中で動くという前提で開発されました。ボリンジャーバンドは合わせて3つ