PikcioChain - 個人データの保護されたブロックチェーン取引

PikcioChainは完全に分散された情報スーパーハイウェイであり、個人と組織を結びつけ、自信を持ってデータを購入、販売、交換します。 Pikcioはデータソースが常に情報を完全に管理できるようにしながら、データの保存、セキュリティ、検証、認証を行うように設計されています 。 Pikcioはデータを共有する方法、共有する相手を選択したり、その使用に支払う機会を提供したりすることができますj

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
PKC
開始日時
2017-11-23
終了日時
2017-12-21
最低目標
7,500,000 EUR
最高目標
25,000,000 EUR
初回価格
1 BTC = 6,000 PKC
トークン供給数
27,696,000
公式サイトへ Owner of PikcioChain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率33%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Day ​1 ​to ​3: - 10%
  • Day ​4 ​to ​6:  - 7.5%
  • Day ​7 ​to ​9:  - 5%
  • Day ​10 ​to ​12:  - 2.5%

概要

Pikcioは、データソースが常に情報を完全に管理できるようにしながら、データの保存、セキュリティ、検証、認証を行うように設計されています。 Pikcioは、データを共有する方法、共有する相手を選択したり、支払う機会を提供したりすることができます個人の能力を高めることで、Pikcioはビジネスの確実性を高めます。規制上の注目がデータ業界に焦点を当てているため、企業はEUのGDPR指令のような新しい規則に準拠する効率的な方法を見つける必要があります。購入しているデータが本物であり、法的に利用可能であることを知る必要があります。 Pikcioは信頼できるデータを交換するために必要な信頼を作り出します。

チーム すべてを見る

Didier Collin De Casaubon
Didier Collin De Casaubon
Founder, CEO
Fabien Bucamp
Fabien Bucamp
Co-Founder, CTO
Jorick Lartigau
Jorick Lartigau
Co-Founder, Research
Alizon König
Alizon König
Development
Gonzague Grandval
Gonzague Grandval
Strategy
Jean-Francois Lienart
Jean-Francois Lienart
Chief Sales Officer

人気STO/ICO記事

  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。