Daytaのビジョンは、複数のデータ保護、同意、およびプライバシーの問題を一度に解決することです。 チームは、統合されたデジタルエコシステム内で、安全で使いやすく堅牢な個人情報Dappと交換メカニズムを構築するためのロードマップを設計しました。 企業からユーザーまでのすべての参加者が効率的なデータ監査と透明性の高いスマートコントラクトおよび合意を確実にする統一された個人情報ブロックチェーンを保護し、そこから利益を得ることを確実にすることを目指しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
DAYTA
開始日時
2019-05-01
終了日時
2019-06-14
最低目標
3,000 ETH
最高目標
45,000 ETH
初回価格
1 DAYTA = 0.0000296 ETH
トークン供給数
1,500,000,000
公式サイトへ Owner of Dayta?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, DASH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Daytaプロジェクトの私達はあなたの個人情報はあなたが適切と思うように消費し、差し控え、広めそして管理するものであると信じています。 GDPRおよび他のデータ保護およびデータプライバシー規制は、特にマーケティングの同意およびデータを管理するサードパーティ組織に関して、手助けします。 ただし、規制当局や法的枠組みでは、企業の個人データの使用を回避し、責任と使用と責任の範囲を明確にすることを企業の責任とすることは意図していません。 データプライバシー指令(DPD)、ePrivacy指令、PECRなど。

チーム すべてを見る

Zumar Ahmed
Zumar Ahmed
CEO & Founder
Laura Feeley
Laura Feeley
Customer Experience and Marketing Director
Bret Calvey
Bret Calvey
Senior Software Consultant
Danish Hameed
Danish Hameed
Blockchain Consultant
Vitally Marinchenko
Vitally Marinchenko
Smart Contract Developer
Stefan Beyer
Stefan Beyer
Blockchain Architect

人気STO/ICO記事

  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他
  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人