Daytaのビジョンは、複数のデータ保護、同意、およびプライバシーの問題を一度に解決することです。 チームは、統合されたデジタルエコシステム内で、安全で使いやすく堅牢な個人情報Dappと交換メカニズムを構築するためのロードマップを設計しました。 企業からユーザーまでのすべての参加者が効率的なデータ監査と透明性の高いスマートコントラクトおよび合意を確実にする統一された個人情報ブロックチェーンを保護し、そこから利益を得ることを確実にすることを目指しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
DAYTA
開始日時
2019-05-01
終了日時
2019-06-14
最低目標
3,000 ETH
最高目標
45,000 ETH
初回価格
1 DAYTA = 0.0000296 ETH
トークン供給数
1,500,000,000
公式サイトへ Owner of Dayta?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, DASH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Daytaプロジェクトの私達はあなたの個人情報はあなたが適切と思うように消費し、差し控え、広めそして管理するものであると信じています。 GDPRおよび他のデータ保護およびデータプライバシー規制は、特にマーケティングの同意およびデータを管理するサードパーティ組織に関して、手助けします。 ただし、規制当局や法的枠組みでは、企業の個人データの使用を回避し、責任と使用と責任の範囲を明確にすることを企業の責任とすることは意図していません。 データプライバシー指令(DPD)、ePrivacy指令、PECRなど。

チーム すべてを見る

Zumar Ahmed
Zumar Ahmed
CEO & Founder
Laura Feeley
Laura Feeley
Customer Experience and Marketing Director
Bret Calvey
Bret Calvey
Senior Software Consultant
Danish Hameed
Danish Hameed
Blockchain Consultant
Vitally Marinchenko
Vitally Marinchenko
Smart Contract Developer
Stefan Beyer
Stefan Beyer
Blockchain Architect

人気STO/ICO記事

  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。