Creditor Data Platform - 分散パーソナルデータマーケットプレイス

債権者データ・プラットフォーム - 個人とデータ購入者(データを取得するための追加ソースまたはターゲット・オーディエンスを探している商用企業)との間で、データを透明かつ相互に有益な形で取引する非集中型の個人データ・マーケットです。個人がデータ提供のため、財政的報酬を受け取り、情報の移動を制御および追跡することを可能にするブロックチェーン技術に基づいて構築されたプラットフォームです。 このようなソリューションは、個人情報の提供、本物の検証済み情報へのアクセス、企業内の群衆検証メカニズムを使用することで、貧弱なデータに対するリスクを緩和するための報酬を受け取る機会を与えます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CDPT
開始日時
2018-09-02
終了日時
2019-02-03
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
20,000,000 USD
初回価格
1 CDPT = 0.000044 ETH
トークン供給数
1,700,000,000
公式サイトへ Owner of Creditor Data Platform?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, NEO
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ユーザーと購入者の間で透明で相互に有益なデータ取引を実現する分散型エコシステム。私たちの目的は、分散したデータ取引を通じてデータ処理市場に革命を起こすことです。個人は、本物の個人情報をデータ購入者や仲介業者に売ることができます。    このようなエコシステムには、個人だけでなく、組織、非営利団体、研究者にとっても、個人がバイヤーとデータを共有し、検証された個人データにアクセスできるようにする有益なユースケースがあります。    データ市場は急激に成長しています。ソーシャルメディア企業とデータブローカーは最大の勝利者となり、ユーザーは収益分配や報酬なしに、これらの企業によるデータの収益化に無意識に同意します。インセンティブを与え、ユーザーが自分のデジタル権利を主張することを可能にするソリューションが明確に必要であるという結論に導かれます。

私たちの提案は、個人がデータを共有するために制御、追跡、報酬を与えることを可能にするブロックチェーン技術に基づいて構築されたプラットフォームです。

チーム すべてを見る

Viktor Ihnatiuk
Viktor Ihnatiuk
Chief Executive Officer, Co-Founder
Ehor Butko
Ehor Butko
Chief Technical Officer, Co-Founder
Yaroslav Vorobiov
Yaroslav Vorobiov
Vice President of Engineering
Ulyana Semenova
Ulyana Semenova
Senior Content Strategist
Nickolay Yurchenko
Nickolay Yurchenko
Developer
Zoltan Szalas
Zoltan Szalas
Advising CMO

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )