Creditor Data Platform - 分散パーソナルデータマーケットプレイス

債権者データ・プラットフォーム - 個人とデータ購入者(データを取得するための追加ソースまたはターゲット・オーディエンスを探している商用企業)との間で、データを透明かつ相互に有益な形で取引する非集中型の個人データ・マーケットです。個人がデータ提供のため、財政的報酬を受け取り、情報の移動を制御および追跡することを可能にするブロックチェーン技術に基づいて構築されたプラットフォームです。 このようなソリューションは、個人情報の提供、本物の検証済み情報へのアクセス、企業内の群衆検証メカニズムを使用することで、貧弱なデータに対するリスクを緩和するための報酬を受け取る機会を与えます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CDPT
開始日時
2018-09-02
終了日時
2019-02-03
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
20,000,000 USD
初回価格
1 CDPT = 0.000044 ETH
トークン供給数
1,700,000,000
公式サイトへ Owner of Creditor Data Platform?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, NEO
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ユーザーと購入者の間で透明で相互に有益なデータ取引を実現する分散型エコシステム。私たちの目的は、分散したデータ取引を通じてデータ処理市場に革命を起こすことです。個人は、本物の個人情報をデータ購入者や仲介業者に売ることができます。    このようなエコシステムには、個人だけでなく、組織、非営利団体、研究者にとっても、個人がバイヤーとデータを共有し、検証された個人データにアクセスできるようにする有益なユースケースがあります。    データ市場は急激に成長しています。ソーシャルメディア企業とデータブローカーは最大の勝利者となり、ユーザーは収益分配や報酬なしに、これらの企業によるデータの収益化に無意識に同意します。インセンティブを与え、ユーザーが自分のデジタル権利を主張することを可能にするソリューションが明確に必要であるという結論に導かれます。

私たちの提案は、個人がデータを共有するために制御、追跡、報酬を与えることを可能にするブロックチェーン技術に基づいて構築されたプラットフォームです。

チーム すべてを見る

Viktor Ihnatiuk
Viktor Ihnatiuk
Chief Executive Officer, Co-Founder
Ehor Butko
Ehor Butko
Chief Technical Officer, Co-Founder
Yaroslav Vorobiov
Yaroslav Vorobiov
Vice President of Engineering
Ulyana Semenova
Ulyana Semenova
Senior Content Strategist
Nickolay Yurchenko
Nickolay Yurchenko
Developer
Zoltan Szalas
Zoltan Szalas
Advising CMO

人気STO/ICO記事

  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他