Dusk Network - プライバシー主導型暗号システムのためのスケーラブルなコンセンサスと低遅延データ伝送

Dusk Networkは暗号的に透明なデジタル台帳です。 機密性の高い所有権、コンプライアンス、資金の証明を提供する、ハイスループットでスケーラブルなパーミッションレスブロックチェーン。 世界的なプライバシー要件を満たしていますが、公衆および規制当局による監査を可能にします。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
DUSK
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
14,400,000 USD
初回価格
0.0193 USD
トークン供給数
500,000,000
公式サイトへ Owner of Dusk Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームNative
タイプERC20
参加可能通貨BTC ; ETH, Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

プライバシーは善の力です。同様に投資家と規制当局によって要求されています。 Duskはプライバシー指向のプログラム可能なフレームワークを特徴としています。このフレームワークは、デジタル証券の発行者が、株主間の合意、法令、および適用される法律の条件を表すために使用されています。この新しいフレームワークを「XSC」と呼び、「機密セキュリティ契約」の略です。 XSCは、Dusk Networkと呼ばれる分散元帳で実行されます。DuskNetworkは不変であり、ビジネスの継続性を保証します。

Duskインフラ

デジタル証券には、摩擦のない特別な目的の分散元帳が必要です。 Duskは、不要なフォーク、不確実なトランザクションの確定性、および電力の集中化を防ぐように設計されています。

プライバシーコンプライアンス

Dusk Networkは、市場操作を防止しながら、GDPRや企業秘密の要件などの世界的なプライバシー要件を満たす手段をアクターに付与します。

企業コンプライアンス

KYC、AML、およびCTF指令への継続的な準拠が不可欠です。包括的なガバナンスの枠組みは議定書の不可欠な部分です。

仲介なし

Dusk Networkは同等のアクセスを提供します。誰でもデジタル証券を発行、登録、取引することができます。高価な中央仲介業者に代わるものを提供する。

チーム すべてを見る

Emanuele Francioni
Emanuele Francioni
Project & Tech Lead
Fulvio Venturelli
Fulvio Venturelli
Lead Researcher
Jeske Eenink
Jeske Eenink
PR & Communication
Jelle Pol
Jelle Pol
Business & Product Dev
Kieran Hall
Kieran Hall
UX & Front-End Dev
Pascal Putman
Pascal Putman
OSS Project Management

人気STO/ICO記事

  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ